BACK レシピ一覧に戻る
内田百閒のシュークリームより

シュークリーム

監修 エコール 辻 東京 喜多村 貴光 先生
「サクっとして、かつフワ~っとした」皮と、とろ~りなめらかなカスタードクリームのシュークリーム。シュークリームに特別な思いを持つ内田百閒好みを目指しました。

【初回放送】2012年11月3日

内田百閒のシュークリーム

材料 さあ、はじめましょうか!

◆直径6cm 10個分
<シュー生地>
 牛乳 100g  
 バター 60g 食塩不使用のもの
 グラニュー糖 5g  
 塩 1g  
 小麦粉(薄力粉) 60g  
 卵 約100g Mサイズ2個分
<カスタードクリーム>
 牛乳 400g  
 バニラのさや 1/2本  
 卵黄 120g Mサイズ6個
 グラニュー糖 90g  
 小麦粉(薄力粉) 30g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ皮は”サクフワ”クリームなめらか

オキテ1卵は少しずつ3秒を見極めろ!

オキテ2冷やして混ぜてなめらか度アップ!

キメテ 皮は”サクフワ”クリームなめらか味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■小麦粉はふるっておく。
■オーブンを200℃に温めておく。
■プレートに薄くバターを塗っておく。

シュー生地の作り方

step1
鍋に牛乳、バター、グラニュー糖、塩を入れ火にかけて沸騰させる。

step1

step2
火を止めてステップ1にふるった小麦粉を一気に加え、表面がなめらかになるまでまとめる。

step2

step3
シュー生地をボウルに移して、溶いた卵を数回に分けて加え、硬さを調節する。
(生地にツヤが出て木じゃくしですくって3数えて落ちるくらいの硬さ)

step3

step4
シュー生地を直径13mmの口金をつけた絞り出し袋に詰めて、バター(分量外)を塗ったプレートの上に直径6cmの大きさに等間隔に絞りだす。

step4

step5
霧吹きをして、指で形を整え、200℃のオーブンに入れる。膨らんで色付き始めたら180℃に下げて、全部で約30分間焼く。
※膨らんでいる途中でオーブンの扉を開けない。

step5

step6
焼きあがれば、網などの上に移し替えて冷ます。
※焼き上がりの目安
亀裂にも焼き色がついている。
持つと見た目より軽く、しっかりしている。

step6
カスタードクリームの作り方

step7
鍋に牛乳を入れ、バニラのさやと、さやを裂いて種をこそげたものを加えて、火にかけて沸騰直前まで温める。

step7

step8
ボウルに卵黄を入れてほぐし、グラニュー糖を加えてしっかりと混ぜ合わせ、小麦粉を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

step8

step9
ステップ8ステップ7の牛乳の1/3量を加えて溶きのばし、さらに残りの牛乳を加えてなじませる。

step9

step10
こしながら鍋に戻す。 中火にかけ、絶えず底から混ぜながら沸騰して、さらっとした状態になるまで火を通す。
※でき上がりのポイント
さらさらしている、ツヤがある、沸騰している。

step10

step11
清潔なボウルに移して、氷にあてて混ぜながら一気に冷やす。冷えてなめらかな状態になれば氷から外す。

step11
シュークリームの組み上げ

step10
冷めたシューに斜めに切り込みを入れる。

step12

step11
カスタードクリームを絞り出し袋に詰めて、シューにたっぷりと詰める。

step13

たべごろと保存方法

クリームを詰めれば食べられます。作りたてがお勧めです。しばらく置く場合は冷蔵庫に入れてください。
カスタードクリームは必ず作った当日に使用して食べてください。

完成

口の中でクリームがとろけそう…クリーム詰めたてを召し上がれ!!

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top