BACK レシピ一覧に戻る
ゴーストバスターズのマシュマロより

フランボワーズ風味のマシュマロ
・レモン風味のマシュマロ

監修 エコール 辻 東京 百野 浩史 先生
しっとり、なめらかな優しい風味の手作りマシュマロ。思い思いで、いろんな形をお楽しみください。

【初回放送】2012年9月1日

ゴーストバスターズのマシュマロ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆長さ3cmのもの 30個分
<共通の材料>
 砂糖 100g グラニュー糖を使用
 転化糖① 40g  
 ゼラチン 8g 粉ゼラチンを使用
 水 40ml ゼラチン用
 転化糖② 50g  
 レモン汁 小さじ1  
 サラダ油 適量  
 粉砂糖 50g  
 コーンスターチ 50g  
※「転化糖」: ショ糖をブドウ糖と果糖に分解した製菓材料
 
<フランボワーズ風味を作る場合>
 フランボワーズピュレ 50g  
<レモン風味を作る場合>
 水 50ml  
 レモンの表皮 1個分 すりおろし

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテふんわりやさしい味

オキテ1高速回転 混ぜて混ぜて!

オキテ2大切なのは粘りとしなやかさ

キメテ ふんわりやさしい味味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■分量の水にゼラチンを入れて水分を吸わせる。
■オーブン用の紙にサラダ油を薄くはけで塗る。
■粉砂糖とコーンスターチは混ぜあわせておく。

フランボワーズ風味を作る場合

step1
鍋にフランボワーズピュレ、砂糖、転化糖①を入れて火にかけて110度まで煮詰める。

step3

step2
別のボウルに転化糖②を入れて泡立て器でよく混ぜる。

step2

step3
ステップ2ステップ1のシロップを少量ずつ注ぎ入れては混ぜる。

step3
レモン風味を作る場合

step1
鍋に水、砂糖、転化糖①を入れて火にかけて110度まで煮詰める。

step3

step2
別のボウルに転化糖②、レモンの表皮のすりおろしを入れ、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせる。

step2

step3
ステップ2ステップ1のシロップを少量ずつ注ぎ入れては混ぜる。

step3
マシュマロの生地(フランボワーズ風味・レモン風味共通)

step4
電子レンジ(又は湯煎)で溶かしたゼラチンをステップ3に注ぎいれ、レモン汁も加えて泡立て器で混ぜる。

step4

step5
ハンドミキサーを使用し、高速でステップ4を攪拌(かくはん)し、充分に空気を含ませる。ハンドミキサーの泡立て器に絡みつくまで泡立てる。

step5

step6
丸口金(直径13mm)をつけた絞り出し袋にステップ5を入れ、薄くサラダ油を塗ったオーブン用の紙の上に、棒状(又は丸く)に絞り出し、固まるまで室温で放置する。(一晩)

step6

step7
固まれば、表面に粉砂糖とコーンスターチを混ぜあわせたものを茶こしを使用してふりかけ、その後に全体にまぶす。

step7

step8
棒状に絞った場合は、はさみを使って長さ3cm程度に切り分ける。余分な粉砂糖とコーンスターチを取り除く。

step8

たべごろと保存方法

涼しいところで保管してください。(冷蔵庫は避けてください)

完成

手作りならではの、ちょっと贅沢なマシュマロ。まずはそのままつまんで。
焼きマシュマロもぜひ、お試しあれ!

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top