BACK レシピ一覧に戻る
~“ケロロ軍曹”のいきなりだんご~より

いきなりだんご

レシピ監修 辻製菓専門学校 立嶋 穣 先生
熊本の地元の味を大切に、ほんの少しアレンジした、いきなりだんご。簡単で素朴!熊本のおおらかな味を楽しんで!

【初回放送】2022年9月26日

いきなりだんご

材料 さあ、はじめましょうか!

8個分
<生地>
薄力粉 100g  
もち粉 30g  
上白糖 20g  
4g  
70ml  
薄力粉 適量 打ち粉用
<さつま芋、中あん>
さつま芋 1本 直径6㎝程度、厚さ2㎝の輪切り8枚使用。
小豆つぶあん 320g  

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■蒸し器に水をいれ、沸騰させておく。

さつま芋の下準備

step1
さつま芋を水洗いし、厚さ2㎝程度の輪切りにし、30分水にさらす。

step1

step2
水けを軽く切って耐熱容器に並べ、ラップをかけて、電子レンジで加熱する。(600W、5分)

step2

生地を作る

step3
薄力粉、もち粉、上白糖、塩を手でよく混ぜ合わせ、水を加えて均一になるように練る。(耳たぶくらいのかたさ)

step3

step4
表面が乾燥しないようラップをかけて、30分以上寝かせる。

仕上げ

step5
電子レンジで加熱したさつま芋につぶあん40gをのせ、表面を平らにしておく。

step5

step6
30分以上寝かせた生地に薄力粉をつけながら棒状に伸ばし、8等分に切り分け、生地をひっぱるようにして丸くのばす。

step6

step7
つぶあんをのせたさつま芋を生地で覆い、形を整えながら下までかぶせる。

step7

step8
ぬらしてかたく絞ったさらしを敷いたせいろに並べて、表面に霧吹きで水をかけ、25分程度蒸す。(竹串で刺して、さつま芋に火が通っていればよい)

step8

step9
蒸し上がったら、そのまま常温で冷ましておく。熱が取れたら、表面が乾燥しないようにラップで包んでおく。

step9
 

たべごろと保存方法

当日中がおいしく食べられますが、生地がかたくなったら、電子レンジで軽く温めるとやわらかくなり、おいしく食べることができます。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top