BACK レシピ一覧に戻る
~港町ハンブルクのフランツブレートヒェン~より

フランツブレートヒェン

レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生
ぺちゃんこにつぶれた形が特徴の北ドイツの港町、ハンブルクの名物パン。中にはバターとシナモンシュガーがきっしり、表面にはシロップをたっぷりぬってツヤツヤに。ジューシーな味わいをご賞味あれ。

【初回放送】2022年6月6日

フランツブレートヒェン

材料 さあ、はじめましょうか!

直径15cm 6個分
<生地>
強力粉 150g  
薄力粉 50g ステップ1
グラニュー糖 20g  
4g  
脱脂粉乳 8g  
無塩バター 16g ステップ1
インスタント・ドライ・イースト 2.5g  
全卵 20g  
86ml  
 
無塩バター 100g ステップ2
薄力粉 25g ステップ2
 
シナモンシュガー 80g  
 
適量  
<シロップ>
30ml  
グラニュー糖 30g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテぺちゃんこでジューシー!

オキテ1ふくらみおさえて!

オキテ2ギリギリまで押せ!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■強力粉150gと薄力粉50gを合わせてふるっておく
■オーブンを30℃(発酵機能)に温めておく
■シロップ用の水とグラニュー糖を合わせて沸騰させ、冷ましておく

step1
生地を仕込む。
「“ティファニーで朝食を”のデニッシュ」(2022年3月14日放送)より、ステップ2~9を参考にしてください。

step2
冷たくてかたいバターをカードで刻み、薄力粉を混ぜ込む。ひとつにまとめ、麺棒で叩いて12cm角に整え、冷蔵庫で10分冷やす。

step2

step3
ステップ1の生地を18cm角にのばす。

step3

step4
ステップ2のバターを45度ずらしてのせ、生地の四隅を引っ張って包み、しっかり閉じる。

step4

step5
長さ40cmほどまでのばして、3つ折りにする。

step5

step6
透明な袋に包み、冷凍庫で30~40分休ませる。

step6

step7
ステップ5ステップ6をもう一度繰り返す。
(3つ折りを合計2回行う。)

step7

step8
休ませた生地を30×40cmにのばす。(厚さ約2mm)
(生地がのびにくくなったら、冷凍庫で10分ほど休ませてから再度のばす。)

step8

step9
縦長に置き、霧吹きで全体に水をかける。

step9

step10
手前側1cmほどを残してシナモンシュガーをふり、霧吹きで水をかける。

step10

step11
向こう側から手前に向かって巻き、5cm幅にカットする。

step11

step12
巻き終わりを上にして打ち粉をし、細い棒で中央をつぶす。

step12

step13
裏返して、両端の渦巻きを上向きに持ち上げ、全体をのばす。

step13

step14
オーブンペーパーを敷いた天板にのせ、手のひらで全体を押さえる。

step14

step15
温かいところ(30℃)で75分発酵させる。

step15

step16
表面に霧吹きで水を吹きかけ、220℃のオーブンで15分焼く。

step16

step17
焼き上がり後すぐに表面にシロップを塗る。

step17
 

たべごろと保存方法

粗熱がとれたら食べごろです。翌日までにお召がり下さい。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top