BACK レシピ一覧に戻る
~新年を祝う ガレット・デ・ロワ~より

ガレット・デ・ロワ

レシピ監修 エコール 辻 東京 平林 由衣 先生
フランスの新年に欠かせない、ガレット・デ・ロワ。サクサク香ばしいパイ生地としっとりしたアーモンドクリームのシンプルな組み合わせがたまらない!今回は、食べられるフェーブ(栗の渋皮煮)を入れて、表面の模様に願いを込めて。さぁ召し上がれ!

【初回放送】2022年1月17日

ガレット・デ・ロワ

材料 さあ、はじめましょうか!

直径20㎝ 1台分
<折り込みパイ生地(冷凍パイシートでも可)>
薄力粉 150g  
強力粉 150g  
6g  
135ml  
無塩バター 48g  
 
無塩バター(折り込み用) 222g  
<アーモンドクリーム>
無塩バター 60g  
粉砂糖 60g  
全卵 60g Lサイズ1個分
皮なしアーモンドパウダー 30g  
皮付きアーモンドパウダー 30g 皮なしアーモンドパウダーでも可
 
渋皮付き栗甘露煮 1個  
塗り全卵 適量  
打ち粉 適量  
粉砂糖(仕上げ用) 適量  

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■薄力粉、強力粉をふるって合わせておく
■アーモンドクリーム用のバターと卵を常温に戻しておく
■粉砂糖をふるっておく
■皮なしアーモンドパウダー、皮付きアーモンドパウダーをざるでこして合わせておく
■生地に塗る全卵をこしておく
■オーブンを200℃に温めておく

折り込みパイ生地を作る

step1
「一条ゆかりのナポレオン・パイ」(2020年2月3日放送)より「折り込みパイ生地をつくる」 ステップ1~10を参照してください。

 

アーモンドクリームを作る

step2
常温に戻したバターを泡だて器でかき混ぜてクリーム状にする。

step3
粉砂糖を加えてすり混ぜる。

step3

step4
常温に戻した全卵を4回に分けて加え、混ぜ合わせる。

step4

step5
アーモンドパウダーを加えて均一な状態になるまで混ぜる。

step5

step6
密着ラップをし、冷蔵庫で約30分休ませる。

 

組み立て

step7
パイ生地を半分に切り分け、それぞれ厚さ2.5mmの正方形に伸ばし、冷蔵庫で休ませる。

step7

step8
オーブンペーパーの上に1枚目の生地を置き、直径20cmと16cmの型で印をつける。

step8

step9
2本の円の間にはけで薄く水をぬり、小さい円の内側にアーモンドクリームを渦巻き状に絞り、パレットナイフで平らにならす。

step9

step10
クリームの端に栗を埋め込む。

step10

step11
2枚目の生地を45度ずらしてかぶせ、空気を抜いて接着させる。冷蔵庫で1時間以上冷やす。

step11

step12
直径20cmの型をあてて余分な生地を切り取り、包丁の背で縁に浅く切り込みを入れる。

step12

step13
ひっくり返した面に均一に全卵を塗る。冷蔵庫に約15分入れて軽く表面を乾かす。

step13

step14
もう一度全卵を塗り、再び冷蔵庫に約15分入れて表面を乾かす。

step15
表面に模様をつける。ペティナイフで放射状に8本の筋を入れ、曲線で大きな葉を4つ描く。隙間にも葉を描き、ナイフを斜めにして葉脈の筋を入れる。筋に沿って竹串で数か所刺し、空気穴を開ける。

step15

step16
天板にのせて、200℃のオーブンで約20分焼く。ふくらまないように途中で平らなものを上にのせ、表面を平らにする。

step16

step17
温度を190℃に下げて約40分焼く。

step18
焼き上がったら粉砂糖を全体に振りかけ、再び200℃のオーブンで表面を光沢のあるキャラメル状に仕上げる。

step18

たべごろと保存方法

粗熱が取れたら食べごろです。冷暗所で保存し、翌日までにお召し上がり下さい。翌日はトースターで温めてお召し上がりください。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top