BACK レシピ一覧に戻る
~アメイさんの台湾カステラ~より

台湾カステラ

レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生
台南のアメイさんが作る台湾カステラは、フワフワ食感が大人気!昔から台湾で愛されているカステラは、懐かしい味。パイナップルのコンポートを生地に加えたカステラは夏らしい爽やかな味。どちらもぜひお試しあれ!!

【初回放送】2021年8月16日

台湾カステラ

材料 さあ、はじめましょうか!

18cm角型 プレーン、パイナップル風味 各1台分
<プレーン生地>
太白ごま油 70g  
薄力粉 100g  
牛乳 90ml  
卵黄 120g Mサイズ6個分
卵白 180g Mサイズ6個分
グラニュー糖 100g  
<パイナップルのコンポート>
250ml  
グラニュー糖 100g  
パイナップル 1/4個  
<パイナップル生地>
太白ごま油 70g  
薄力粉 100g  
スキムミルク(粉末) 20g  
パイナップルコンポート 80g 缶詰でも可(ステップ2)
パイナップルジュース 50ml  
卵黄 120g Mサイズ6個分
卵白 180g Mサイズ6個分
グラニュー糖 100g  
パイナップルコンポート 80g 缶詰でも可(ステップ3)
アーモンドダイス 10g アーモンドスライス
ピスタチオ 5g  
<ホイップクリーム>
生クリーム(38%) 150g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテしっとりフワフワ!やめられないおいしさ!

オキテ1お湯を味方に!

オキテ2焼き上がれば さよなら!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■薄力粉をふるっておく
■型にオーブンぺーパーを敷いておく
■ピスタチオを粗く刻んでおく
■オーブンを150℃に温めておく

台湾カステラを作る

step1
50℃に湯せんで温めた油に薄力粉を加え、泡だて器でよく混ぜる。

step1

step2
40℃に温めた牛乳を3回に分けて加え、混ぜる。

step2

step3
卵黄を2~3回に分けて加え、混ぜる。

step3

step4
卵白にグラニュー糖を3回に分けて加えながら泡立て、メレンゲを作る。

step4

step5
ステップ3ステップ4を合わせ、ゴムべらで下から上へすくい上げるように混ぜる。

step5

step6
オーブンペーパーを敷いた型に流し入れ、表面をならす。

step6

step7
バットにぺーパータオルを敷いて型を置き、型の1/3の高さまでお湯を張り、150℃で約50分湯せん焼きをする。

step7

step8
焼き上がり後すぐに型からはずし、生地についている紙をはがす。

step8

step9
4等分にカットし、皿にのせ、お好みでホイップクリームを添える。

step9
 

パイナップル風味の台湾カステラを作る

step1
<パイナップルのコンポート>
グラニュー糖と水を火にかけ、沸騰したらパイナップルを加えて煮る。火が通ったら冷ましておく。

step10

step2
パイナップルコンポート80gとパイナップルジュースを合わせ、軽くミキサーにかける。

step11

step3
パイナップルコンポート80gを5㎜角に刻む。

step12

step4
50℃に湯せんで温めた油に薄力粉とスキムミルクを加え、泡だて器でよく混ぜる。

step13

step5
ステップ2を加え、混ぜる。

step14

step6
卵黄を2~3回に分けて加え、混ぜる。

step15

step7
卵白にグラニュー糖を3回に分けて加えながら泡立て、メレンゲを作る。

step16

step8
ステップ6ステップ7を合わせ、ゴムべらですくいあげるように混ぜる。

step17

step9
オーブンペーパーを敷いた型に1/4量の生地を流し入れ、ステップ3を散らす。

step18

step10
残りの生地を流し入れ、表面をならし、アーモンドとピスタチオを散らす。

step19

step11
「台湾カステラ」ステップ7~9と同様に焼いて仕上げる。

step20
 

たべごろと保存方法

出来たてでも、冷ましてからでも、美味しく召し上がれます。冷暗所で保存し、次の日までにお召し上がり下さい。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top