BACK レシピ一覧に戻る
~“舞妓さんちのまかないさん”のあずきばっと~より

あずきばっと

レシピ監修 エコール 辻 東京 野中 覚 先生 / 中濱 尚美 先生
漫画『舞妓さんちのまかないさん』に登場する青森の郷土菓子、あずきばっと。
白い麺にたっぷりのあずきを絡ませて食べる素朴なお菓子です。優しい味を楽しんで。

【初回放送】2021年3月15日

あずきばっと

材料 さあ、はじめましょうか!

4人分
<うどん生地>
中力粉 300g  
14g  
140ml  
 
薄力粉 打ち粉用  
<小豆つぶあん(参考レシピ)>
小豆 250g  
グラニュー糖 270g 冬場はこくのある甘さの上白糖や三温糖、夏場はあっさりとした甘さのざらめ糖や氷砂糖、と使い分けることもあります。
10ml  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテねっとりあずきをコシに絡ませろ

オキテ1塩でコシをきたえろ!

オキテ2猫の手借りてのばしきれ!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■中力粉をふるっておく
■水と塩をあわせ、濃度10%の塩水を作る

うどん生地を作る

step1
ボウルに中力粉を入れ、塩水を加える。

step1

step2
指をたて、円を描くように混ぜる。粉が残らないように注意し、全体の色が黄色っぽいそぼろ状になるようにする。

step2

step3
全体に水がまわったら、手のひらで前に押し出すように練る。

step3

step4
少しずつまとめ、ひとかたまりにする。ポリ袋に包み、30分ほど休ませる。

step4

step5
ポリ袋に入った生地を軽く踏み、平らにする。中心にかかとを合わせ、少しずつ回転しながら踏む。5mm程度の均一な厚みにする。

step5

step6
生地を取り出し、まわりの端から1/3を折り込みながら丸める。

step6

step7
ステップ5ステップ6をもう一度行い、ポリ袋に入れて30分ほど休ませる。

step7

step8
生地を平らにし、打ち粉をしながら、30×40cm、厚さ3mm程度の四角形に延ばす。(手を握った形で麺棒を転がすと、指を巻き込まず、力を加えやすい。)

step8

step9
半分に切り、打ち粉をして重ね、1.5cm幅に切る。麺をほぐし、切った断面に打ち粉をまぶす。

step9

step10
余分な打ち粉をとった麺をたっぷりのお湯に入れ、約11分ゆでる。1本取り出して水につけて食べてみる。

step10

step11
ざるにあけ、流水の中でぬめりをとる。水気をよくきる。

step11

step12
再び熱湯に入れ、麺を温める。

step12

盛り付け

step13
器にうどんを入れ、小豆つぶあんをかける。

step13
 

たべごろと保存方法

出来上がり後、すぐお召し上がりください。冷たくしても美味しく召し上がれます。

<参考レシピ> 小豆つぶあん

step1
小豆を水洗いし、倍量の水をいれ、強火にかけて沸騰させる。

step2
表面にしわがよったら、差し水をし、温度を50℃以下にする。再度沸騰させ、乾燥時の2~ 2.5 倍大に膨張させる。

step3
ざるにあけてゆで汁を捨て、水をかけて表面についた渋を洗い流す。

step4
鍋にステップ3 の小豆と倍量の水を入れ、火にかける。

step5
沸騰するまでは強火、沸騰したら弱火にする。ゆで汁が少なくなったら水を加え、豆が常にゆで汁の中にある状態でゆでる。

step6
指で簡単につぶれるくらいやわらかくなるまでゆでる。水の入ったボウルにあける。

step7
つぶさないように軽く混ぜ、しばらくおいて沈殿させる。

step8
静かに上水を捨て、水の入ったボウルに静かに移す。上水が半透明になるまで繰り返す。

step9
上水を捨て、さらしで受けて粒がつぶれないように軽く水気をきる。(ゆで小豆の出来上がり)

step10
鍋にゆで小豆、グラニュー糖、水を入れ、火にかける。

step11
豆をつぶさないように混ぜながら沸騰させる。

step12
あくを取り除きながら煮詰める。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top