BACK レシピ一覧に戻る
~輝く宝石!?琥珀糖~より

琥珀糖、すり琥珀

レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生
表面はシャリッ、中はやわらかという琥珀糖独特の食感を楽しんで!色は自分ですきなようにアレンジ!すり琥珀のひし餅と一緒に素敵なひな祭りを!

【初回放送】2021年3月1日

琥珀糖、すり琥珀

材料 さあ、はじめましょうか!

14×11㎝流し缶 各1個分
<琥珀糖>
粉寒天 4.5g  
330ml  
グラニュー糖 210g  
水あめ 24g  
食用色素 適量 番組では赤を使用
 
サラダ油    
<すり琥珀(1段分)>
粉寒天 1.8g  
90ml  
グラニュー糖 165g  
食用色素 適量 番組では赤と緑を使用
 
サラダ油    

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテシャリッと楽しむ やわらかさ!

オキテ1水あめで きらめきを

オキテ2混ぜて!混ぜて!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■流し缶に薄く油をひき、底にオーブンペーパーを敷いておく

琥珀糖をつくる

step1
鍋に水と粉寒天を入れ、ゴムべらで混ぜながら、沸騰 させる。

step1

step2
グラニュー糖を加え、103℃まで煮詰める。(垂らして糸をひくまで)

step2

step3
火を止め、水あめを加えて混ぜる。

step3

step4
流し缶に厚さ1.5cm程度まで流す。

step4

step5
残りの寒天液に、食用色素を数滴加え、色をつける。

step5

step6
ステップ4ステップ5をスプーンで10~15滴程度垂らし、竹串を使ってマーブル模様を作る。冷蔵庫で冷やし固める。

step6

step7
残りの着色液はシリコン型に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

step7

step8
流し缶:外して、好みの大きさに切る。手でちぎってもよい。シリコン型:型から外す。

step8

step9
間隔をあけて並べ、常温で3日ほど置いて結晶化させる。

step9
 

すり琥珀をつくる

step1
鍋に水と粉寒天を入れ、ゴムべらで混ぜながら、沸騰させる。

step10

step2
グラニュー糖を加え、106℃まで煮詰める。(垂らして糸をひくまで)

step11

step3
火を止め、ゴムべらで混ぜる。(気泡を小さくしたい場合は、すりこぎで混ぜると良い)

step12

step4
白濁してきたら、食用色素で色づけする。

step13

step5
流し缶に流し、冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。

step14

step6
ステップ1~4を繰り返して、ステップ5に重ね、2層目と3層目をつくる。(2層目は着色しない)

step15

step7
冷蔵庫で半日以上保存したら、型から外し、好みの大きさに切る。

step16

step8
間隔をあけて並べ、常温で3日ほど置いて結晶化させる。

step17

たべごろと保存方法

1週間を目安にお召し上がりください。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top