BACK レシピ一覧に戻る
~東北応援!スイーツ~より

ちっちゃな花畑クッキー

原案 北陸学院大学 スイーツ研究所
レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生

1枚1枚は涙の形。でも、合わせると可憐な花が咲きます!米粉を使って、サクサクに仕上げました。ほんのり甘く、素朴な味をお楽しみください。

【初回放送】2021年1月18日

ちっちゃな花畑クッキー

材料 さあ、はじめましょうか!

4㎝なみだ型 各20個分
<4種類(プレーン、抹茶、ゆず、ほうじ茶)用のベース生地>
無塩バター 80g  
グラニュー糖 34g  
はちみつ 10g  
鳴門金時芋 75g  
米粉 108g  
さつまいもパウダー 14g  
<抹茶クッキー>
プレーン生地 80g  
抹茶 1g  
<ゆずクッキー>
プレーン生地 80g  
ゆずパウダー 2g  
ゆずピール 適量  
<ほうじ茶クッキー>
プレーン生地 80g  
ほうじ茶パウダー 2g ・棒茶
・パウダーが無ければ、茶葉をミルミキサーに かけて、粉末状にする
<かぼちゃクッキー>
無塩バター 20g  
グラニュー糖 9g  
ひとつまみ  
はちみつ 3g  
鳴門金時芋 18g  
米粉 27g  
さつまいもパウダー 3.5g  
かぼちゃパウダー 2g  
シナモンパウダー 0.2g  
<むらさきいもクッキー>
無塩バター 20g  
グラニュー糖 9g  
ひとつまみ  
はちみつ 3g  
鳴門金時芋 18g  
米粉 27g  
さつまいもパウダー 3.5g  
むらさきいもパウダー 2g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ心にしみる優しい色と味!

オキテ1ハニーフラッシュ♡

オキテ2米粉でさっくり!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■米粉、各種パウダーをふるっておく
■オーブンを170℃に温めておく
■鳴門金時芋をふかして、裏ごししておく
■ゆずピールを3㎜くらいにカットしておく
■バターを常温に戻しておく

生地を作る(プレーン、抹茶、ゆず、ほうじ茶)

step1
バターにグラニュー糖とはちみつを加え、泡だて器で混ぜる。

step1

step2
鳴門金時芋を加え、混ぜる。

step2

step3
米粉を加えて軽く混ぜてから、さつまいもパウダーも加え、カードで混ぜ合わせる。

step3

step4
生地を4等分にする。プレーン用の生地を、乾燥しないようにラップで包む。

step4

step5
残りの生地に、それぞれ、抹茶、ゆずパウダー、ほうじ茶パウダーを加え、カードで混ぜる。乾燥しないようにラップで包み、冷蔵庫で30分以上休ませる。

step5
 

かぼちゃの生地を作る

step6
バターにグラニュー糖とはちみつ、塩を加え、泡だて器で混ぜる。

step6

step7
鳴門金時芋を加え、混ぜる。

step7

step8
別のボウルに米粉とさつまいもパウダー、かぼちゃパウダー、シナモンパウダーを入れ、泡だて器で混ぜてから、ステップ7に加え、カードで混ぜ合わせる。

step8

step9
乾燥しないようにラップで包み、冷蔵庫で30分以上休ませる。

step9

むらさきいもの生地を作る

step10
バターにグラニュー糖と塩を加え、泡だて器で混ぜる。

step10

step11
別のボウルに鳴門金時芋、はちみつ、むらさきいもパウダーを入れ、ゴムべらでしっかりと混ぜ合わせてから、ステップ10に加え、泡だて器で混ぜる。

step11

step12
別のボウルに米粉とさつまいもパウダーを入れ、泡だて器で混ぜてから、ステップ11に加え、カードで混ぜ合わせる。

step12

step13
乾燥しないようにラップで包み、冷蔵庫で30分以上休ませる。

step13

成形から出来上がりまで

step14
冷蔵庫から取り出した生地を麺棒でたたき、固さを調節する。

step14

step15
麺棒を使って生地を厚さ3mmにのばす。なみだ型の抜型で抜き、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる。ゆずクッキーはゆずピールをのせて並べる。

step15

step16
170℃のオーブンで約10分焼き、予熱で2分置く。

step16
 

たべごろと保存方法

冷めた頃が食べごろです。冷暗所で保存し、3日以内に召し上がってください。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top