BACK レシピ一覧に戻る
~ロートレックのペ・ド・ノンヌ~より

ぺ・ド・ノンヌ

レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生
シュー生地を揚げて作る素朴なお菓子で、日本語だと「修道女のおなら」!
修道女がおならをした拍子に、生地を油に落としたことから出来たと言われています。
ロートレックが好んでいたという味を再現しました。砂糖をまぶしていますが、軽い口当たりで、食べやすい仕上がりです。

【初回放送】2020年9月21日

みつ豆

材料 さあ、はじめましょうか!

直径2cm程 50個
<ラム酒風味の生地>
125ml  
無塩バター 25g  
グラニュー糖 5g  
1g  
薄力粉 63g  
全卵 50g M玉1個分
レモンの表皮(国産) 1/2個  
オレンジの表皮(国産) 1/2個  
レモンエッセンス 適量 放送では5滴
オレンジエッセンス 適量 放送では5滴
ラム酒 30ml  
 
グラニュー糖 適量 仕上げ用
<スパイス風味の生地>
牛乳 125ml  
無塩バター 25g  
グラニュー糖 5g  
1g  
薄力粉 63g  
全卵 75g M玉1.5個分
ナツメグ 適量 放送は0.2g
シナモンパウダー 適量  
カルダモンパウダー 適量 放送では0.1g
 
グラニュー糖 適量 仕上げ用
ナツメグ 適量 仕上げ用
パプリカパウダー 適量 仕上げ用
 
*サラダ油 適量 揚げ油

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ軽やかな大人の味!

オキテ1しっかり沸かして!

オキテ2まずはスパチュラ!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■粉をふるっておく
■レモンとオレンジを洗い、表皮をけずっておく

step1
<ラム酒風味>
鍋に水、バター、グラニュー糖、塩、レモンの皮、オレンジの皮を入れ、弱火にかける。水が沸騰する前に、バターを溶かす。
<スパイス風味>
鍋に牛乳、バター、グラニュー糖、塩を入れ、弱火にかける。牛乳が沸騰する前に、バターを溶かす。

step1

step2
沸騰したら火を止めてふるった粉を入れ、へらでひと塊になるまで混ぜる。
スパイス風味は、粉と同時にスパイスも加える。
※粉にしっかり火を通すため、ぐらぐらと沸くまで沸騰させること

step2

step3
中火にかけ、生地に再度熱を加える。なべ底に薄くオブラート状の生地の膜ができるのを目安にする。

step3

step4
ボウルに生地を入れ、全卵を数回に分けて入れ、混ぜる。へらで生地を細かく切り、生地の表面積を増やすようにしながら混ぜるとなじみやすい。

step4

step5
<ラム酒風味>
2種類のエッセンスとラム酒を加え、混ぜる。

step5

step6
生地を絞り袋に入れる。

step6

step7
160℃の油で揚げる。絞り袋から生地をしぼり、適当な長さでスパチュラで切り落とす。スパチュラに油をつけながら切ると生地がつかない。油でぬらした2本のスプーンで生地をまとめてもよい。

step7

step8
生地がきつね色になるまで揚げる。 余分な油をとり、熱いうちにグラニュー糖をまぶす。
<スパイス風味>
お好みでグラニュー糖にもスパイスを加える。パプリカは色を楽しむため、最後に振りかけるのがおすすめ。

step8

たべごろと保存方法

揚げたてを食べるのがおすすめです!当日中に召し上がってください。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top