BACK レシピ一覧に戻る
~樋口一葉の駄菓子屋~より

駄菓子(きなこ棒、紅梅焼き、寒天ゼリー)

レシピ監修 日本菓子専門学校 小野 礼司 先生
素朴な味とかわいらしさに心ときめく駄菓子を3種類作りました!
きな粉が香ばしいきなこ棒。 優しい味の紅梅焼き。宝石のような寒天のゼリー。
さあ、子どもの頃に戻って味わいましょう。

【初回放送】2020年9月14日

みつ豆

材料 さあ、はじめましょうか!

<きなこ棒(1cm角×4.5cm 約20本分)>
きな粉 50g  
上白糖① 50g  
みじん粉 8g ※寒梅粉でも可
上白糖② 10g  
食塩 0.5g  
熱湯 25ml  
<紅梅焼き(直径4cm 梅抜き型約40個分)>
卵液 27g  
上白糖 70g  
重曹 0.5g  
薄力粉 100g  
<寒天ゼリー(角トヨ型 36cm×4.5cm×高さ約2.4cm分 1色分の量)>
粉末寒天 6g  
水① 200ml  
水② 100ml  
グラニュー糖 250g  
水あめ 250g  
色素 各色適量 青は2滴 赤は3滴ほど

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテつい手が出ちゃう 心ときめく素朴な味!

オキテ1手早く しっかり!

オキテ23mmキープ!

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■(寒天ゼリー)取り出しやすくするため、型の底にビニールシートを敷いておく

きなこ棒を作る

step1
ボウルにきな粉と上白糖①を混ぜあわせておく。

step2
別のボウルにみじん粉と上白糖②、食塩を入れて混ぜる。熱湯を加え、泡立て器で手早く混ぜ合わせる。

step2

step3
ステップ2ステップ1に入れ、折り重ねるように手できな粉をもみ込んでいく。すぐに固くなってくるので、熱いうちに行う。バラバラにならないよう、ひとかたまりをキープする。
※きな粉で生地を覆うようにすると熱さがやわらいでやりやすい

step3

step4
ボウルのきな粉がおおむね無くなるくらいまでもみ込んだら取り出す。きな粉を薄くまぶし、めん棒で厚さ1cmくらいにのばす。
※やわらかい場合は、きな粉と砂糖を同量ずつ足して調整する

step4

step5
幅1cm長さ4.5cmくらいに切り、きな粉をまぶして、つまようじを刺す。

step5

紅梅焼きを作る

step1
上白糖と重曹を混ぜ、卵液のボウルに加える。

step1

step2
40℃の湯せんにかけながら混ぜ、上白糖と重曹を溶かす。

step2

step3
ボウルを冷水につけて冷やす。
※温かいまま粉を加えると粘りが出てふくらまなくなるため

step3

step4
薄力粉を加え、木べらで混ぜ合わせる。粉けがなくなったら、手でもんでまとめる。

step4

step5
ラップで包み、常温で30分程度休ませる。

step5

step6
生地の量が多いため、カードで半分に分ける。手で形を整え、薄力粉で打ち粉をし、手のひらで少し広げる。

step7
めん棒で厚さ3mmにのばす。3mm厚のプレートなどを生地の両脇に置くとよい。

step7

step8
梅の型で抜き取り、はけで粉を落としてトレイに並べる。
※お好きな型でかまいません

step8

step09
ホットプレートを中火程度に温め、生地を並べて 1分半~2分程度焼く。
※ホットプレートにより温度が異なるので、150℃を目安に調節してください

step9

step10
生地がふくらんで、きつね色に焼けたら、裏面も1~1分半程度焼く。

step10

寒天ゼリーを作る

step01
鍋に水①を入れ、粉末寒天を入れる。先に水を入れることで、寒天が鍋底について焦げるのを防ぎます。
※あらかじめ鍋の重さをはかっておく

step1

step02
表面に浮いたり、鍋のふちについた寒天を沈めるようにしながら水②を加え、中火にかける。
※中火にするのは、寒天が溶ける前に煮詰まるのを防ぐため

step2

step03
焦げるのを避けるため、へらでゆっくりかき回し、寒天が底に沈まないようにしながら煮溶かす。勢いよくかき回すと、へらや鍋に寒天が付着して溶けなくなるので注意。

step3

step04
沸騰したら、へらですくって寒天が全て溶けたか確認し、それから砂糖を加えて煮溶かす。
※溶けきる前に砂糖を加えると、寒天がそれ以上溶けなくなる

step18

step05
370gまで煮詰めたら火を止め、別に沸騰寸前まで加熱 しておいた水あめを加え、軽く混ぜる。
※加熱することで混ざりやすくなる。混ぜすぎると寒天の固まりが悪くなるので注意

step5

step06
色素を加え、着色する。色素がむらなく混ざるようであれば、水あめも完全に混ざっています。

step6

step07
底にビニールシートを敷いた型に流し込む。
※別の型でも構いませんが、表面積の広いものは不向きです

step7

step08
固まったら、しっかりと絞った濡れ布巾の上に取り出し、2~3cm角の食べやすい大きさに切る。
※流し込んだ表面の部分はべたつくので切り落とす

step09
粉末オブラートをまぶして仕上げる。できるだけ乾燥した場所で丸一日ほど放置して、表面を自然乾燥させる。

step9

たべごろと保存方法

3種とも、密閉容器に入れて高温多湿を避けて保存。5~7日ほど日持ちします。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top