BACK レシピ一覧に戻る
~思い出のビスキュイ・ド・サヴォワ~より

ビスキュイ・ド・サヴォワ

レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生
フランス南東部。アルプスを望む雄大な自然に恵まれたサヴォワ地方で日常的に食べられている地方菓子。 ふんわり軽い触感で、やさしい味の素朴なケーキです。

【初回放送】2020年6月15日

ビスキュイ・ド・サヴォワ

材料 さあ、はじめましょうか!

直径15㎝ 1台分(サヴォワ型でなくてもよい)
卵黄 40g  
グラニュー糖 50g  
卵白 60g  
グラニュー糖 25g  
1g  
薄力粉 30g  
コーンスターチ 30g  
 
粉砂糖 適量 飾り用
強力粉 適量 打ち粉用

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■薄力粉とコーンスターチを合わせてふるっておく
■オーブンを160℃に温めておく
■型に澄ましバター*を塗って、冷蔵庫で冷やしておく
*バターを溶かし、透明な油脂部分だけを取り出したもの

step1
ボウルに卵黄と50gのグラニュー糖を入れ、泡だて器で白っぽくもったりするまで混ぜる。

step1

step2
メレンゲを作る。卵白に塩を入れ、泡だて器でほぐす。グラニュー糖を数回に分けて入れ、角がしっかり立つまで泡立てる。

step2

step3
ステップ1にメレンゲの半量を入れ、ゴムべらで混ぜる。

step3

step4
粉類の半量を入れ、ゴムべらで混ぜる。

step4

step5
残りのメレンゲを泡だて器でまぜ、再度きめを細かくしてからステップ4に入れ、ゴムべらで混ぜる。

step5

step6
残りの粉類を加え、ゴムべらで混ぜる。

step6

step7
あらかじめ冷やしておいた型に粉をうち、余分な粉をおとす。

step7

step8
出来上がった生地を型に流し入れる。かるく台の上にうちつけ、160℃のオーブンで約40分焼く。

step8

step9
焼き上がったら型から生地を抜き、冷ます。

step10
冷めたら、表面に粉砂糖をふって完成。

たべごろと保存方法

生地が乾燥しないように保存する。日持ちは常温で2日間です。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top