BACK レシピ一覧に戻る
~フジコ・ヘミングのカルトッフェルプッファー~より

カルトッフェルプッファー

レシピ監修 エコール 辻 東京 小野 達也 先生
じゃがいもや玉ねぎを使ったドイツの家庭的なスイーツです。
焼きたては、外がカリカリ、中はふわふわ。甘酸っぱいりんごピュレと一緒にアツアツを召し上がれ。

【初回放送】2020年3月30日

カルトッフェルプッファー

材料 さあ、はじめましょうか!

カルトッフェルプッファー生地(10cmの大きさ4枚分)
<じゃがいも生地>
じゃがいも 300g 番組ではメークインを使用
玉ねぎ 50g  
1コ  
かたくり粉 大さじ1.5 量は生地の状態で調整
<りんごのコンポート>
りんご 300g お好みの品種
グラニュー糖 120g  
レモン汁 10g  
<揚げ焼き用>
サラダ油 100g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテアツアツ!ダブルのりんごがワンチーム

オキテ1目指せ 透明感!

オキテ2トロトロにして

作り方

印刷用PDFはこちら

じゃがいも生地を作る

step1
じゃがいもの皮をむき、おろし金ですりおろす。

step1

step2
玉ねぎも同様にすりおろし、じゃがいもと合わせる。軽く水を切りボウルに移す。

step2

step3
溶いた卵とかたくり粉を入れ、よく混ぜ合わせる。生地はとろりとして、へらで持ち上げるとぽたっと落ちる程度に、かたくり粉の量で調整する。

step3

step4
多めのサラダ油を入れたフライパンを温める。お好みの量の生地をスプーンですくい、焼き色が付くまで何度か裏返しながら揚げ焼きにする。

step4

りんごのコンポートを作る

step5
りんごの皮をむき、厚さ2~3mmのいちょう切りにする。

step5

step6
鍋に切ったりんごとグラニュー糖、レモン汁を入れ、透明感が出てクタクタになるまで煮る。

step6

step7
ミキサーなどですり潰し、ピュレ状にする

step7
 

盛り付け

step8
お皿にお好みで盛り付ける。りんごピュレが冷めていたら、温めて添える。

step8

たべごろと保存方法

出来たての熱いうちに食べるのがお勧めです。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top