BACK レシピ一覧に戻る
~ドストエフスキーのパスチラ~より

パスチラ

レシピ監修  エコール 辻 東京 岡部 由香 先生
りんごのピュレ、卵白、砂糖だけで作った、ロシアの焼き菓子。
ほんのり甘く、りんごの酸味が楽しめる、素朴なスイーツです!

【初回放送】2019年6月17日

パスチラ

材料 さあ、はじめましょうか!

24×33×3cmの型(1個分)
りんご 3~4個(裏ごししたときに約350g) 酸味の強いもの、紅玉などがおすすめ
砂糖 100g  
卵白 1個分(約35g)  
粉砂糖 適量  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテノスタルジックな甘酸っぱさ

オキテ1丸ごと焼いて 生地固め!

オキテ2ここまでやるか!

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

りんごピュレ作り
■オーブンを180℃に温めておく。
■天板にオーブン用の紙を敷いておく。
■りんごを洗っておく。

焼き上げ
■適当なサイズの型がない場合、厚紙などで24×33×3cmの型枠をつくる。
(細長く切った厚紙を折り曲げ、角をホチキスでとめる。底板はつけない)
■天板に型枠を乗せ、オーブン用の紙を敷いておく。
■オーブンを100℃に温めておく。

りんごのピュレを作る

step1
りんごは軸を取り、半割にし、さらに種ごと8等分にし、オーブン用の紙を敷いた天板に乗せる。

step1

step2
180℃のオーブンでアルミ箔をかけて60分、竹串がすっと通るようになるまで焼く。

step2

step3
裏ごしする。このとき残った皮と種は取り除く。

step3

step4
鍋に移し、火にかけて混ぜながら水分を飛ばす。
(350gがおよそ300gになるまで)

step4

step5
ミキサーにかけ、なめらかなピュレの状態にする。

step5

メレンゲ~生地を作る

step6
ボウルに卵白を入れ、砂糖を数回に分けて加えながら、ハンドミキサーでしっかりと泡立てる。
(およそ5分)

step6

step7
泡だった卵白にステップ5のりんごのピュレを3回に分けて加え、そのつどしっかりと泡立てる。
(全体でおよそ25分)

step7

step8
型に、生地を厚さ1~1.5cmになるようにのばす。

step8

焼き上げ~完成

step9
100℃に温めておいたオーブンで約3時間焼く。
途中、1時間ごとに余分な蒸気を抜くとよい。

step9

step10
表面が乾き、さわってみてふんわりとした弾力があれば焼き上がり。オーブンから生地を取り出し、型を外して紙ごと天板から網の上に移し、冷ます。

step10

step11
表面に軽く粉砂糖をふり、新しいオーブン用の紙を上にのせ、ひっくり返す。焼くときに使っていた紙が上面にくる。

step11

step12
生地にくっついているオーブン用の紙をはがす。
丁寧にはがさないと生地が破れてしまうので注意する。

step12

step13
縦長に生地を置き、端からオーブン用の紙を持ち上げロール状に生地を巻く。

step13

step14
巻き終わりを定規で軽く締める。

step14

step15
オーブン用の紙をはがし、全体に粉砂糖をたっぷりまぶす。適当な厚みに切り分けて召し上がれ。

step15

たべごろと保存方法

出来上がってすぐに召し上がれますが、一日置いた方がなじんでおいしくなります。
余ったものは乾燥しないようにラップに包んで冷暗所で保管し、一週間をめどに召し上がってください。

完成
レシピ一覧に戻る
Page Top