BACK レシピ一覧に戻る
~“くまのがっこう”のラズベリーのケーキ~より

ラズベリーケーキ

レシピ監修 エコール 辻 東京 大熊 恵 先生
絵本の中に登場するラズベリーがもりもりのケーキ。
作者のイメージを参考に作りました。
ラズベリークリームとチョコレートスポンジとの相性も抜群です!

【初回放送】2018年12月10日

ラズベリーケーキ

材料 さあ、はじめましょうか!

直径15㎝ 1台分
<スポンジ生地>
全卵 125g  
グラニュー糖 75g  
薄力粉 65g  
ココアパウダー 12g  
バター 15g  
<生地用シロップ>
シロップ 約50ml 砂糖20g水40mlを加熱し冷ます
ラズベリーのブランデー 25ml ※お好みで加減しても良い
<ラズベリークリーム>
生クリーム 200g 乳脂肪40~42%
粉砂糖 25g  
ラズベリーピュレ 55g  
<その他>
ラズベリー 70~80粒  
ナパージュ 適量  
ラズベリーピュレ 適量  
ピスタチオ 適量  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテベリーたっぷり 華やかケーキ!

オキテ1手早くさっくりで ふ~わふわ!

オキテ2はじめはひとすくい!

オキテ3もりっもりで輝く赤!

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

<スポンジ>
■型に紙を敷く
■薄力粉とココアパウダーはそれぞれふるっておく
■バターを溶かしておく
<生地用シロップ>
■鍋に水と砂糖を入れ沸騰させ、氷にあてて冷まし、ラズベリーのブランデーを加える
<かざり>
■ナパージュとラズベリーピュレをまぜ、絞り袋(コルネ)に入れる
※お使いのナパージュにより、添加できるピュレの割合が異なります。
商品説明書きなどで確認してください。番組では20%程度添加。

スポンジ生地

step1
全卵をほぐして、グラニュー糖を加えて混ぜる。 湯せんにかけて混ぜながら人肌(約40℃)まで温める。

step1

step2
湯せんから外して、ハンドミキサーで泡立てる。
※最後に低速に変えて気泡を細かく整えるとよい。
※生地を落として8の字がゆっくりかけるくらいの状態に なるまで。

step1

step3
薄力粉とココアパウダーを混ぜ合わせて再びふるい、 ステップ2に加えて粉けが無くなるまでゴムべらで切 るように混ぜる。
※ココアパウダーに入っている油脂分の影響で、普通 のスポンジ生地より気泡がつぶれやすい。 手早く作業すること。

step3

step4
熱い溶かしバターをゴムべらに当てながら回し入れ、ムラなく混ぜる。
※混ぜすぎると気泡がつぶれてふくらみが悪くなるの で注意。

step4

step5
紙を敷いた型に流し入れ、180℃のオーブンで 25~30分焼く。

step5

step6
焼けたらすぐに型から取り出し、冷ます。

ラズベリークリーム

step7
生クリームに粉砂糖を加えて、氷水にあてながら角の先 が少し曲がるくらいまで泡立てる。

step7

step8
泡立てた生クリームをひとすくいラズベリーピュレに加え てなじませる。 なじんだピュレを残りの生クリームに加えて混ぜる。
※直接ピュレをクリームに加えると比重の違いで混ざり にくいため、あらかじめ少しなじませます。

step8

組み上げ

step9
スポンジを3枚にスライスする。 焼いて上が膨らんだものは最上段に使う。

step9

step10
ブランデーが入った生地用のシロップを、底の生地に はけで塗り、ラズベリークリームの約1/3量をのせてス ポンジのふちまで広げる。
※一部がはみ出すくらいに広げると絵本のイメージに 近づきます。

step10

step11
ラズベリーをふちに並べ、その内側に半分に切った ラズベリーを埋め込む。

step11

step12
2枚目のスポンジの裏側に生地用シロップを塗り、ひっくり返してステップ11にのせて 押さえ、ステップ10、11を繰り返す。

step13
3枚目のスポンジの裏側に生地用シロップを塗り、上に のせて押さえ、残りのクリームを直径10㎜の丸口金で 表面に絞る。

step13

step14
絞ったクリームの上にラズベリーをたっぷりとのせ、 ピュレと混ぜ合わせたナパージュ、ピスタチオで飾る。

step14

たべごろと保存方法

冷蔵庫で保存して、なるべく早めに召し上がってください。
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top