BACK レシピ一覧に戻る
~カポーティのクリスマスフルーツケーキ~より

フルーツケーキ

レシピ監修 エコール 辻 東京 小野 達也 先生

カポーティの『クリスマスの思い出』に登場する材料を使ってレシピをアレンジ。
ピーカンナッツとフルーツとが織りなす、食感と味わいを楽しんで!

【初回放送】2017年12月18日

マナラ

材料 さあ、はじめましょうか!

縦20cm×横7cm×高さ7.5cmパウンド型1本分
<ドライフルーツ> 総量で約250gのドライフルーツが必要
カリフォルニアレーズン 70g  
サルタナレーズン 40g
パインスライス(シロップ煮缶詰) 25g
オレンジピール 40g  
レモンピール 25g 入手出来なければ他のドライフルーツを増やす。
ドライジンジャー(砂糖漬けスライス) 25g 入手出来なければ他のドライフルーツを増やす。
ドレンチェリー(赤) 25g 入手出来なければ他のドライフルーツを増やす。
 
グレープジュース(100%ジュース) 30g  
<バター生地>
バター 125g  
きび糖(ブラウンシュガー) 125g  
卵(M玉) 125g  
2.5g  
小麦粉(薄力粉) 150g  
ベーキングパウダー 2.5g  
 
オールスパイスパウダー 小さじ1/3  
シナモンパウダー 小さじ1/3  
クローブパウダー 小さじ1/6  
ナツメグパウダー 小さじ1/6  
 
生地用ピーカンナッツ(ハーフ) 60g 生のものを使用
表面の飾り用ピーカンナッツ(ハーフ) 12粒 生のものを使用
<仕上げ>
ウィスキー 50ml  
粉砂糖 30g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテカリッと歯ごたえ しっとり芳醇

オキテ1焼いて浸して 味わうピーカン

オキテ2切って 切って 盛り上げろ

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■小麦粉とベーキングパウダー、香辛料をよく混ぜ合わせ、ふるっておく
■レーズン類を熱湯でさっとゆで、しっかりと水けをきっておく(表面の油をとるため)
■オレンジピール、レモンピール、ドライジンジャー、ドレンチェリーを水で洗い、表面の シロップや砂糖を洗い流して水けをきっておく
■パウンド型にバター(分量外)を薄く塗り、型の形に切ったオーブン用の紙を貼り付けておく
■オーブンを170℃に温めておく

ドライフルーツとナッツ類の準備

step1
生地に混ぜるピーカンナッツは、170℃のオーブンで中が薄く茶色に色づくまでローストする。
※だいたい20分程度。割って中の色を見て調整する。

step1

step2
ローストした生地用のピーカンナッツは粗く刻んでおく。

step2

step3
飾り用のピーカンナッツ12粒を水に浸しておく。
※ケーキの表面で焼くときに焦がさないため。

step3

step4
オレンジピール、レモンピール、ドライジンジャーは5mm角、ドレンチェリーは2分の1に切る。

step4

step5
パインスライスのシロップをよくきって5mm角に切る。

step5

step6
ステップ4、5のフルーツ、レーズンをボウルに入れ、グレープジュースを加えてよく混ぜる。

step6

バター生地を作る

step7
ボウルにやわらかくしたバター、きび糖(ブラウンシュガー)、塩を入れ、泡だて器で白っぽくなるまでよくすり混ぜる。

step7

step8
卵を人肌に温め、溶きほぐし、少しずつ加えさらに よく混ぜる。

step8

step9
事前に準備した粉類を入れ、粉けが無くなるまでへらでよく混ぜる。

step9

step10
さらにステップ2、ステップ6を加え、へらでよく混ぜ合わせる。

step10

step11
生地を準備した型に入れ、台の上に軽く打ちつけて表面を平らに整える。

step11

step12
表面に飾り用のピーカンナッツを並べる。膨らんだときに取れないよう、しっかり押し込む。

step12

step13
170℃に温めたオーブンで30分程度焼き、表面が薄く色づいて膜がはったら、水でぬらしたナイフで中央に型の端から端まで切り込みを入れる。

step13

step13
さらに同じ温度で30分程度焼く。もう一度中央の3分の1程度に切り込みを入れておく。(熱を通し、この部分からきれいに盛り上がるように するため。)

step14

step15
温度を160℃に落として20分程度焼く。切り込みを入れた中央部分に焼き色が付いていれば焼き上がりの目安。

step15

step16
焼き上がったフルーツケーキを網の上などに型から出し、側面のオーブン用の紙をはがす。

step16

step17
上面、側面、底面に、はけでウイスキーを塗って染み込ませる。熱いうちに塗ればアルコールが蒸発し、香りが残る。

step17

step18
粗熱が取れたらラップなどで包み、乾燥させないようにして冷ます。

step18

仕上げ

step19
粉砂糖で表面を飾り、適当な大きさにカットする。

step19

たべごろと保存方法

翌日以降からがおすすめ。乾燥しないようラップなどでくるんで保存する。
比較的日持ちはするが、水分(卵)が多い配合なので賞味期限は常温で二週間。
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top