BACK レシピ一覧に戻る
~五代目・柳家小さん師匠の豆かん~より

豆かん

レシピ監修 日本菓子専門学校 船田 雅一 先生

ホックホクの赤えんどうとつるんとした寒天をコクのある黒蜜でいただく豆かん。
夏にピッタリの涼やかデザートを召し上がれ!

【初回放送】2017年8月14日

豆かん

材料 さあ、はじめましょうか!

5皿分(ひと皿 280g)
<煮豆>
赤えんどう 200g  
重曹 4g  
800g
差し水 800g
12g
<寒天>
糸寒天 10g  
540g  
差し水 200g  
<黒蜜>
黒糖 60g  
上白糖 60g  
80g  
ハチミツ 2g  
水あめ 16g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテほっくりつるん!豆が主役の涼やかデザート

オキテ1びっくり水で中までホックホク!

オキテ2ゆでたら煎ってホックホク!

オキテ3カタマリ 少しも残さず!

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■赤えんどうは軽く水洗いし、重曹を入れた水800gに一晩つけておく。(夏場は冷蔵庫に入れる)
■糸寒天をたっぷりの水に一晩つけて戻しておく。

作り方 豆を煮る

step1
赤えんどうをつけ汁ごと鍋に移し、中火で沸騰させる。

step1

step2
沸騰したら差し水をして温度を下げ、煮汁を500mlほど抜く。

step2

step3
再び沸騰したら、煮汁がフツフツ小さく沸騰するくらいに火を弱める。

step3

step4
塩を加えて、落としぶたをする。

step3

step5
煮汁が吹きこぼれないように鍋のふたを少しずらし、そのまま弱火で40分煮込む。

step5

step6
火を止めてふたを閉じ、20分蒸らす。

step6

step7
湯を切ったらフライパンに移し、あおるように揺すりながら中火にかけ、水気を飛ばす。

step7

step8
バットにあけて、そのまま冷やす。

step8

作り方 寒天

step1
糸寒天の水気を切って鍋に移し、水540gを加える。
※総量が700gになるよう調整する。

step1

step2
中火にかけてへらでゆっくり混ぜながら沸騰させる。

step2

step3
完全に沸騰したら、差し水をして再度沸騰させる。

step3

step4
目の細かいふるいか茶こしでこしながら、水でぬらしたバットに流す。

step4

step5
固まったら固く絞って広げたふきんの上にあけて、1.5㎝角に切る。

step5

作り方 黒蜜

step1
小鍋に、黒糖、上白糖、水を入れて弱火にかける。

step1

step2
へらで黒糖のかたまりをつぶしながら、ゆっくり沸騰させる。

step2

step3
沸騰したら火を止めて、ハチミツと水あめを加える。

step3

step4
再び軽く沸騰させたら、茶こしでこし、容器に移して冷ます。

step4

step5
寒天と豆を器に盛りつけ、黒蜜をかける。

step5

たべごろと保存方法

冷蔵庫で保存し、3日以内にお召し上がりください。
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top