BACK レシピ一覧に戻る
~鳴戸親方のゼブラケーキ~より

ゼブラケーキ

レシピ監修 エコール 辻 東京 橋本 素明 先生

切り分けたら、アッと驚く縞模様。
ふんわりボリューミーだけど、ほのかなキャラメルの風味が手伝ってぺろりと食べられる、鳴戸親方思い出のケーキです。

【初回放送】2017年5月1日

鳴戸親方のゼブラケーキ

材料 さあ、はじめましょうか!

(直径24㎝)1台分
<白生地>
200g Mサイズ4個分
グラニュー糖 160g  
水あめ 40g  
薄力粉 140g  
バター 30g  
生クリーム 30g 42%を使用
<黒生地>
100g Mサイズ2個分
グラニュー糖 80g  
水あめ 20g  
薄力粉 60g  
ココアパウダー 10g  
バター 15g  
生クリーム(38%) 15g
<シロップ>
グラニュー糖 70g  
70g
<キャラメル>
グラニュー糖 150g
<仕上げ>
生クリーム 300g 42%を使用
粉砂糖 24g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテシマシマ ふんわり ボリューミー

オキテ1白と黒 同じ固さで土俵入り

オキテ2押しの一手でシマ模様!

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■白生地の薄力粉をふるっておく
■黒生地の薄力粉とココアパウダーをふるって合わせておく
■24㎝の型にオーブン用の紙を敷く
■オーブンを170℃に温めておく
■鍋に水とグラニュー糖を入れ火にかけ、沸騰直前まで温めシロップを作る

白生地を作る

step1
卵にグラニュー糖と水あめを加え、湯せんで人肌まで温める。

step1

step2
ステップ1を、ハンドミキサーの高速でしっかり泡立てる。(生地を持ち上げ、垂らしたら跡が残るくらい)中速から低速に速度を落としてキメを揃える。

step2

step3
ステップ2に薄力粉を加えてゴムべらで切り混ぜる。
粉気がなくなってからさらに生地にツヤが出るまで混ぜる。

step3

step4
湯せんで溶かしたバターと、温めた生クリームを加えて切り混ぜる。

step4

黒生地を作る

step1
卵にグラニュー糖と水あめを加え、湯せんで人肌まで温める。

step1

step2
ステップ1を、ハンドミキサーの高速でしっかり泡立てる。(生地を持ち上げ、垂らしたら跡が残るくらい)中速から低速に速度を落としてキメを揃える。

step2

step3
ステップ2に薄力粉とココアパウダーを合わせたものを加えて切り混ぜる。
粉気がなくなってからさらに生地にツヤが出るまで混ぜる。

step3

step4
湯せんで溶かしたバターと温めた生クリームを加えて切り混ぜる。

step4

焼成

step1
型の中心に白生地をスプーン4杯流す。

step1

step2
型の中心に黒生地をスプーン2杯流す。
※ステップ1とステップ2を繰り返す。

step2

step3
生地が底いっぱいに広がれば、白生地スプーン2杯、黒生地スプーン1杯の割合で流す。
※生地がなくなるまで繰り返す。

step3

step4
170℃のオーブンで45分焼く。
焼きあがればクーラーにのせ冷ます。

step4

仕上げ

step1
冷めたゼブラケーキに、熱いシロップを表面全体にかけ冷蔵庫で冷やす。

step1

step2
鍋にグラニュー糖を入れ火にかけキャラメルを作る。グラニュー糖が溶け始めたら泡だて器で混ぜる。
※熱いのでやけどに注意

step2

step3
キャラメル色になれば、鍋底を水につけて温度を下げる。再度火にかけてキャラメルをなめらかにする。

step3

step4
ステップ1のケーキにステップ3のキャラメルを細い線になるようにスプーンで垂らしながら、網目状にかける。冷蔵庫に入れて冷やし固める。

step4

step1
仕上げ用の生クリームに粉砂糖を加え、氷水にあてながら角が立つ手前まで泡立てる。

step1

step20
へらを使って、生クリームを全体に薄く塗ってから、さらに厚く全体を覆う。

step2

step3
スプーンの裏側で生クリームを取って、ケーキの上の部分に押し当てて、炎のように角を立てる。(中心から行い、全体に施す)

step3

たべごろと保存方法

冷蔵庫でよく冷やしてからお召し上がりください。
(冷やす時間が長くなるとキャラメルが溶けてしまうので、1、2時間を目安に冷やしてください。)
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top