BACK レシピ一覧に戻る
~ブリジット・ジョーンズのミンスパイ~より

ミンスパイ

レシピ監修 エコール 辻 東京 小野 達也 先生
濃厚な味わいながら、ついついまたひとつ、と手が伸びてしまうミンスパイ。
サクサクの生地と、スパイシーでフルーティーなミンスミートは絶妙なコンビネーションです。

【初回放送】2016年12月12日

アドベントのお楽しみ!シュトレン

材料 さあ、はじめましょうか!

焼き上がり直径7cmのタルト型で約8個分
<パイ生地>
薄力粉 125g  
バター 75g  
2.5g  
グラニュー糖 5g  
卵黄 20g Mサイズ1個分
生クリーム(38%) 25g  
ベーキングパウダー 0.5g  
<ミンスミート>
カラント 100g  
カリフォルニアレーズン 65g  
ブランデー 65g  
オレンジピール 40g  
レモンピール 30g  
アップルコンフィ 45g  
ジンジャーコンフィ 15g  
シナモンパウダー 1g  
ナツメグパウダー 1g  
牛脂 65g ラード(豚脂)でも可
生パン粉 30g  
15g  
きび砂糖 30g  
強力粉 15g  
 
溶き卵 20g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ深~い甘みで サックサク

オキテ1バターは溶かさず サックサク

オキテ2じっくり寝かせて なじませて

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■パイ生地の材料はすべて冷蔵庫で冷やしておく。(パイ生地の仕込み当日)
■レーズンをブランデーに漬けておく(1週間前)
熱湯にコリントレーズン、カリフォルニアレーズンを入れ、再沸騰してから1分ほど湯がき、ざるでお湯を切る。
衛生的な保存容器、もしくはボウルに入れ、湯気が立っている温かいレーズンにブランデーを注ぎ入れる。(冷暗所等で長期保存可能)
■オーブンを予熱で200℃に温めておく。

パイ生地

step1
薄力粉、塩、グラニュー糖をボウルに入れ、よく混ぜ合わせておく。

step1

step2
ステップ1にバターを入れ、カードを使ってバターが細かくなるように切る。

step2

step3
バターが約3mm程度に細かくなったら、生クリームと卵黄を混ぜ合わせたものを一気に粉の中へ入れる。

step3

step4
ステップ3をカードと手を使い、水分が無くなり一塊になるようにまとめる。

step4

step5
まとまったら、ビニール等で乾かないように包み、冷蔵庫に入れ冷やし固める。

step5
 

ミンスミート

step1
ブランデー漬けのレーズンとオレンジピール、レモンピール、アップルコンフィ、ジンジャーコンフィ、シナモンパウダー、ナツメグパウダー、牛脂を合わせ、包丁を使いまな板の上で細かく刻む。

step1

step2
ステップ1をボウルに移し、表面が乾かないようにラップをして冷蔵庫で一日寝かせる。

step2

step3
ステップ2のボウルにパン粉、卵、きび砂糖、強力粉を入れ、へら等で均一に混ぜ合わせる。

step3
 

仕上げ

step1
パイ生地を麺棒で3mmの厚さになるまでのばし、フォークで全体に穴をあける。生地をタルト型の縁から出ないくらいの大きさに抜き型で抜き、型に敷き込んで15分程度冷蔵庫で休ませる。

step1

step2
ステップ1で余った生地は星やツリーの型で抜く。抜いたパイ生地は冷蔵庫で15分ほど休ませる。

step2

step3
ステップ1にスプーンでミンスミートを八分目程度まで平らにならし入れる。

step3

step4
ステップ2の裏面に溶き卵を塗り、ステップ3の表面に張り付ける。

step4

step5
予熱で200℃に温めておいたオーブンに、ステップ4を入れて25分焼く。

step5

step6
焼き上がったら、型から外してクーラーなどで冷ます。

step6

たべごろと保存方法

粗熱が取れてミンスミートの部分が冷めれば食べごろ。
ラップをして常温で保存可能。
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top