BACK レシピ一覧に戻る
ショパンの愛のショコラ

ホットチョコレート&
フォンダンショコラ

監修 エコール 辻 東京 秋元 慎治 先生
ハーブを効かせたホットチョコレートと、ホットチョコレートを使って作るスイーツ、 フォンダンショコラのレシピです。大人のチョコレートの味をぜひご賞味あれ!

【初回放送】2015年2月13日

ホットチョコレート&フォンダンショコラ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆ ホットチョコレート2杯+フォンダンショコラ7個
<ホットチョコレート>
 生クリーム(38%) 100g  
 ビターチョコレート 100g カカオ分60%以上のもの
 牛乳 350g  
 スペアミント 3g 乾燥ハーブでも可
 レモンの表皮 1個分  
<フォンダンショコラ>
 ビターチョコレート 135g カカオ分60%以上のもの
 バター 60g 食塩不使用
 米粉 50g 薄力粉でも可
 アーモンドパウダー 50g  
 卵黄 3個分  
 卵白 3個分  
 グラニュー糖 110g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテハーブを忍ばせた大人の味!

オキテ1ハーブでさわやかに

オキテ2米粉でさっくり軽やかに

オキテ3凍って ちょうど

キメテ ハーブを忍ばせた大人の味!味わいのキメテ

オキテ1 ハーブでさわやかにかまどのオキテ1

オキテ2 米粉でさっくり軽やかにかまどのオキテ2

オキテ3 凍って ちょうどかまどのオキテ3

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■米粉、アーモンドパウダーはふるっておく。
■マフィンカップをバットに並べておく。
■レモンの皮をおろし金で削っておく。
■ミントの葉は刻んでおく。
■ホットチョコレート用の牛乳は鍋で温めておく。

ホットチョコレート

step1
生クリームに刻んだミント、レモンの表皮を鍋に入れ、沸騰させる。

step1

step2
茶こしでこしながらボウルに入れたチョコレートの上にステップ1を注ぐ。

step2

step3
泡立て器で中心から混ぜ合わせる。

step3

step4
温めた牛乳を少しずつボウルに入れながら、ステップ3を溶きのばしていく。

step4

step5
鍋に戻し、泡立てながら温める。

step5
フォンダンショコラ

step1
ホットチョコレートのステップ4を製氷皿の容器に7粒分注ぎ、冷凍庫に入れて凍らせる。

step1

step2
ボウルにチョコレート、バターを入れ45℃まで湯せんで温める。

step2

step3
湯せんから外し、アーモンドパウダーを加えて、泡立て器で混ぜる。

step3

step4
卵黄を加えて混ぜる。

step4

step5
ゴムべらに持ち替え、米粉を入れて混ぜる。
※薄力粉でもできますが、食べた時に重たく感じます。

step5

step6
別のボウルに卵白とグラニュー糖(55g)を入れてハンドミキサーで泡立てる。
※少し時間がかかります。

step6

step7
ツノが立つまで泡立てたら残りのグラニュー糖(55g)を加えて泡立てる。
※持ち上げた時にツノの先が少し曲がるくらいまで泡立てる。

step7

step8
ステップ5(生地)にステップ7のメレンゲの一部を加えてつぶすように混ぜ合わせる。

step8

step9
混ざったらステップ7の残りを加えてさっくりと混ぜ合わせる。
※少し色が変わるまで混ぜる。

step9

step10
ステップ9(生地)を丸口金をつけた絞り袋に入れ、マフィンカップの半分まで絞って入れる。

step10

step11
冷凍庫で凍らせたステップ1を真ん中に置き、生地の高さまで押さえる。

step11

step12
その上に円を描くように生地を絞る。

step12

step13
冷凍庫で2時間以上しっかり冷やす。
※冷やさないで焼くと周りの生地が先に焼けてしまい、固くなってしまいます。

step13

step14
冷凍されたものをプレートに並べ、180℃のオーブンで25分焼く。
※焼き上がりの目安は竹串を刺し、中心が熱くなっていればOKです。

step14

step15
温かいうちに紙をはがし、お皿にのせて粉砂糖をふる。

step15

たべごろと保存方法

ホットチョコレートは熱いうちにお召し上がりください。
フォンダンショコラは熱いうちは中のチョコレートがトロリとしてよりおいしく召し上がれます。
冷めてもおいしいですが、電子レンジで20~30秒ほど温めますと焼きたてに近い状態になります。
フォンダンショコラはラップに包んだ状態にすれば常温で夏場は2日間、冬場は1週間召し上がれます。

完成

ほどよくハーブの風味を加えたホットチョコレート。濃厚な舌触りと香りをご堪能ください。

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top