BACK レシピ一覧に戻る
ハワイアンの揚げパン“マラサダ”

マラサダ

監修 エコール 辻 東京 大熊 恵 先生
外はサクッ、中はフワフワのハワイアンスイーツ“マラサダ”。砂糖をまぶしただけのシンプルな味と、ココナツクリームを入れたもの2種類が楽しめるレシピです!

【初回放送】2014年6月13日

マラサダ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆ 12~13個分
<生地>
 強力粉 300g  
 グラニュー糖 50g  
 塩 3g  
 かたくり粉 30g  
 卵 2個  
 バター 20g  
 牛乳 180ml  
 インスタントドライイースト 5g  
<仕上げ>
 グラニュー糖 適量  
<ココナツクリーム>
 ココナツミルク 150g  
 牛乳 75ml  
 グラニュー糖 50g  
 コーンスターチ 20g  
     
 揚げ油(サラダ油) 適量  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ新食感!外はサクッ 中はふわふわなマラサダを目指せ!

オキテ1混ぜて!混ぜて!混ぜて!

オキテ2焦っちゃダメ!ダメ!揚げる前にもう一休み!

オキテ3ちょっと低めの温度でじっくり!じ~くっり!

キメテ 新食感!外はサクッ 中はふわふわなマラサダを目指せ!味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

かまどのオキテ3

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■オーブン用の紙を10㎝角にカットする
■バターを溶かす

step1
牛乳を人肌くらいに温め、インスタントドライイーストを加え溶かす。

step1

step2
ボウルに強力粉・グラニュー糖・塩・かたくり粉を入れて混ぜる。

step2

step3
粉類にステップ1の牛乳と卵、溶かしバターを入れて手で混ぜる

step3

step4
しっかりと練り混ぜ、生地の伸びが良くなり、手から少しはがれてくるくらいになったら、生地をひとまとめにする。ラップをして40℃に温めたオーブンに入れ、発酵させる。

step4

step5
30分たったら、ヘラで生地を混ぜて、ガス抜きする。再び40℃に温めたオーブンに約30分置き発酵させる。

step5

step6
生地が2倍くらいに発酵したら、ヘラで混ぜてガス抜きする。10㎝角のオーブン用の紙に、大きめのピンポン玉くらいの生地(約50g)をスプーンでのせて平らにする。
※サラダ油をつけながらすると、くっつきにくい。

step6

step1
バットに並べて、ラップをして、40℃に温めたオーブンで20~30分発酵させる。

step7

step2
ひとまわりくらい大きく膨らんだら、170℃に熱したサラダ油で揚げる。途中で紙をはずし、2分くらいしていい色になったらひっくり返す。トータル5分くらい揚げたら、網にとって油を切る。

step8

step3
グラニュー糖を全体にまぶす。クリームを詰める場合は、お箸などで穴をあけて、クリームを絞り入れる。

step9
ココナツクリームを作る

step1
鍋に牛乳とココナツミルクを入れる。コーンスターチとグラニュー糖を混ぜて、鍋に入れて混ぜる。

step1

step2
火にかけて、混ぜながら加熱し、とろみが出て、フツフツと沸いてきたら、バットに流して、氷水で冷ます。

step2

step3
ボウルに移し、クリーム状になるまでゴムべらで混ぜて絞り袋に入れておく。

step3

たべごろと保存方法

揚げたての熱いうちに食べたほうがおいしい。冷めてしまったら電子レンジで15秒くらい温めるとよい。

完成

シンプルな砂糖をまぶしただけのマラサダ。
そして、ハワイらしいココナツクリーム入りも最高!

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top