BACK レシピ一覧に戻る
ピーターラビットの母・ポターのクリスマスケーキより

ホークスヘッドケーキ

監修 エコール 辻 東京 秋元 慎治 先生
ビアトリクス・ポターが、結婚後初めてのクリスマスに夫の実家に持参して以来、クリスマスの定番となったという「ホークスヘッドケーキ」です。
小粒のカレンツレーズン、モラセスシロップを使うなど英国ならではの、深みのある大人のクリスマスケーキをお試しあれ。

【初回放送】2013年12月20日

ホークスヘッドケーキ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆分量:23cmパイ皿1台分
 薄力粉 200g  
 塩 1g  
 バター(食塩不使用) 150g ケーキ用マーガリンでも可
 冷水 100ml  
 強力粉 適量  
 
 カレンツレーズン 110g  
 バター(食塩不使用) 15g  
 モラセスシロップ 40g ※砂糖の精製時にできる黒褐色の液体「糖蜜」のこと。三温糖でも可。
 ゴールデンシロップ 大さじ1 ※砂糖を精製する前にできる上澄み液をろ過したシロップ。ケーキシロップでも可。
 ブランデー 大さじ1  
 サワークリーム 大さじ2 生クリームでも可
 オレンジピール 20g  
 シナモンパウダー 少々  
 粉砂糖 適量  
※ホークスヘッドケーキには、モラセスシュガー(ブラウンシュガー)を使うことが多いが、モラセスシロップを使うとしっとり仕上がり、味に深みが出る。

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ地味だけど滋味!何度でも食べたくなる伝統の味!

オキテ1バターはゴロゴロすべし!

オキテ2イギリス流 自然の甘味を大切に

オキテ3パイの屋根には煙突を

キメテ 地味だけど滋味!何度でも食べたくなる伝統の味!味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

かまどのオキテ3

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備
■パイ皿に薄くバターを塗っておく
■薄力粉はふるって冷蔵庫で冷やしておく
■150gのバターは2cm角に切って冷蔵庫で冷やしておく
■オレンジピールはレーズン大に刻んでおく

step1
薄力粉、塩の入ったボウルにバターを入れ、粉をまぶす。

step1

step2
冷水を加えてひとまとめになるまで混ぜる。(このとき バターはごろごろとしている状態でよい)

step2

step3
冷蔵庫に入れ、30分休ませる。

step3

step4
生地を休ませている間に、カレンツレーズン、バター、モラセスシロップ、ゴールデンシロップ、ブランデー、サワークリーム、オレンジピール、シナモンを混ぜ合わせておく。

step4

step5
ステップ3の生地を、強力粉をふった台の上に取り出し、麺棒で長方形にのばす。

step5

step6
長辺を3つ折りし90度回転させ、同じ作業を繰り返す。3つ折りは全部で4回行う。冷蔵庫で30分休ませる。

step6

step7
休ませた生地を200gを2つ、50gを1つに分ける。

step8
200gの生地2つをパイ皿よりひとまわり大きい円形にのばし、冷蔵庫で休ませる。

step8

step7
50gの生地も同じ厚みで四角くのばして休ませておく。

step8
200gの生地をパイ皿に敷き込み、混ぜ合わせたフィリングをのせてスプーンでならす。

step8

step7
生地の端に水を塗り、もう1枚の200gの生地で覆い、端を押さえる。

step7

step8
包丁で余分を切り落とす。

step8

step7
50gの生地から帯3本と葉の形8枚、ドーナツ形1枚を切り取る。
※ヒイラギの葉の型を使うと、よりクリスマスらしくなる。

step7

step8
水を塗り接着していく。

step8

step7
葉に葉脈、帯とドーナツに切れ目を入れて190℃のオーブンで40分焼く。

step7

step8
焼きあがったら網の上にのせて冷ます。切り分けてお皿にのせ、粉砂糖をふる。

step8

たべごろと保存方法

少し温かいくらいが食べごろです。
保存は常温で冬場は2~3日中に、夏場は翌日にはお召し上がりください。

完成

サクッとしたパイに、糖蜜とレーズンの自然な甘さが包まれた優しいおいしさ。

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top