NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「知らないと慌てる! 祝日が違うカレンダー」(みみより!くらし解説)

名越 章浩  解説委員

私たちのくらしにとても身近なカレンダー。今年は祝日の日付が違うものがあるのをご存知でしょうか。
「知らないと慌てる! 祝日が違うカレンダー」というテーマで名越章浩解説委員がお伝えします。

m210527_01.jpg

【どの祝日が違うの?】
東京オリンピックの開会まで2か月をきって、ふと7月のカレンダーを見て気付いたという人も、いらっしゃると思いますが、実は祝日が違っているカレンダーは身の周りに多くあります。
東京オリンピックの開催が1年延期になったことに伴って祝日が移動したためで、それが反映されていないカレンダーが、多く存在しているのです。

m210527_04.jpg

まず、どの祝日がどこに移動したのかカレンダーで整理しましょう。
まず「海の日」。本来、「海の日」は7月の第3月曜日ですので、今年の場合7月19日ですが、オリンピック開会式前日の22日に移動しています。つまり、19日の月曜日は平日です。

m210527_05.jpg

次に「スポーツの日」。
本来、10月の第2月曜日である「スポーツの日」は、オリンピックの開会式の7月23日へ移動しています。
スポーツの日は、かつては「体育の日」と呼ばれていた祝日です。
今年の場合、10月ではなく7月23日へ移動したことで、逆に、10月の祝日がなくなりました。
秋の10月の3連休を期待していた方は、予定を立てる際に要注意です。

m210527_07.jpg

最後に「山の日」。
本来は8月11日の「山の日」は、オリンピックの閉会式がある8月8日に移動されています。この関係で、翌日の月曜日・9日が振替休日となっています。

【なぜ祝日を移動?】

m210527_22.png
首相官邸公式HPより

祝日を移動させた理由について、政府は、公式ホームページで次のように記しています。
「祝日の移動は、混雑緩和等を目的」
「アスリート、観客等の円滑な輸送と、経済活動、市民生活の共存を図るため」

オリンピックの円滑な開催と、混雑緩和という狙いがあるということです。

m210527_08.jpg

実は、去年も同じ様に祝日をオリンピックに合わせて移動させる措置が取られたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大のために大会自体が延期されました。このため、去年は、祝日だけがそのまま残る格好になりました。したがって、いつもと祝日が違う日になっているのは2年連続ということになります。

【祝日が違うカレンダー なぜ?】

しかし、去年は、祝日が違うカレンダーはありませんでした。
どうして今年はこういうことになっているのでしょうか。
祝日を移動させるためには法改正が必要です。その手続きとカレンダーの印刷スケジュールを見比べてみましょう。

m210527_11.jpg

まず去年・2020年のカレンダーについては、1年以上前の2018年6月に祝日を移動させることが決まっていました。このため、印刷までに余裕がありますので間に合いました。
しかし、今年・2021年のカレンダーについては、祝日を移動させる改正法が可決・成立したのは去年の11月末でした。
業界団体によりますと、通常カレンダーの制作は1年以上前から始めているそうです。
新年が近い11月末ともなると、多くの場合、すでにカレンダーの印刷が終わって、納品先に届いている時期だということです。
このため、日付の違うカレンダーが多く出回ってしまったのです。
実は、そもそも祝日を移動させる法案は、去年の5月には通常国会に提出されていました。
ところが、新型コロナへの対応で審議が進まず、その後も総理大臣が途中で変わるなどして、結局、法案が通ったのが11月になったという経緯があります。
もう少し早く決まっていれば、印刷が間に合ったカレンダーが、もっと増えていたかもしれません。

【知らずに慌てる事例も】
これを知らずに慌てる事例が各地で相次いでいます。

m210527_13.jpg

例えば、東京・世田谷区のクリニックでは、5月中旬、患者の予約を受け付ける際、7月23日が平日になっているカレンダーを見て、その日に患者の予約を入れたそうです。

m210527_14.jpg

ところが、別のカレンダーではその日は祝日で休診日だということに後で気づき、患者に慌てて謝罪の電話をし、キャンセルしてもらったということです。

m210527_16.jpg

また、大阪・枚方市の資料館では、7月19日を祝日と思い込んで親子で参加できるランタンの「手作り教室」を企画。ゲスト講師も招いて、ホームページで参加を呼び掛けていました。
5月下旬、私が電話取材した際に間違いに気づき、検討した結果、別の日にズラすことを決め、今はホームページも修正されています。

資料館の方は、カレンダーを見て日程を決めていたということで、とてもビックリした様子で「そこまで把握できていなかった」と語っていました。

【しっかりとした周知が必要】

m210527_21.jpg

m210527_20.jpg

混乱を防ぐには、やはりしっかり周知することが重要です。
祝日が変わっている7月が来る前に、政府としては、再度しっかり広報をしてほしいと思います。
そのうえで、私たちも、家庭にあるカレンダーや、持ち歩くスケジュール帳を今のうちに確認しておきましょう。
一方、スマートフォンやパソコンのカレンダー機能に関しては、ネットにつながる環境だと情報がアップデートされていきますので、カレンダーも自動的に正しいものに更新されているということです。
病院の予約も、イベントの予定も、取引先との商談や旅行の日程も、大事な約束をするためには、相手と同じ情報を持つカレンダーを互いが見ているからこそ、社会が成り立っています。
信頼できる正確な情報を社会が共有できるように、しっかり周知をお願いしたいと思います。

(名越 章浩 解説委員)

キーワード

関連記事