NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「これからの大学教育を考える」(視点・論点)

東京大学大学院教授 柳川 範之

s201006_013.jpg

 新型コロナウイルスの感染拡大の結果、世界中の大学でオンライン講義が急速に広まりました。現在、多くの人の関心は、感染拡大防止の観点からみて、対面講義とオンライン講義のバランスをどのようにとればよいのかという点に集中しています。しかし、オンライン講義の普及がもたらしたインパクトは、実はもっと大きなもので、より本質的な意味で、大学教育のあり方そのものを、大きく変える可能性をもっています。
そこで今日は、これからの大学教育の変化の可能性について考えてみます。

 オンライン教育が可能にしたことのひとつは、物理的距離が離れていても受講できるようになったことですが、もう一つ、教室の物理的制約を受けることなく、講義ができるようになった点も見逃せません。
 今までは、希望者が多くて誰でも受講できるとなれば、教室から人が溢れてしまうため、何らかの方法で受講者を制限せざるを得ませんでした。入学試験を行ってきた本質的な理由の一つもここにあります。入試を廃止して、だれでも入学できるようにしたら、通常は、教室が足りなくなってしまいます。

 しかし、オンラインで講義ができるのであれば、人数を制限することなく受講させることができます。入試による選抜を行うことなく、日本中の、あるいは世界中の希望する人に、教育を受ける機会を提供することができるのです。今までは資金的な問題から東京の大学にいくことが難しかったような、地方の学生にも、等しく学ぶ機会を与えることができる。これは、これからの格差の課題を考えるうえでも、重要な視点ではないでしょうか。
 つまり、オンライン教育の進展は、今後の入試のあり方や大学における入学概念そのものを大きく変えていく可能性が高いのです。

 もちろん、入試には人数を制限するだけではなく、受講するに足る学力や理解度のある学生を選ぶという目的も存在します。コロナ禍の現状ではなかなか難しい面がありますが、実験や少人数での双方向でのディスカッションは、リアルに集まって議論したほうが望ましい側面があることもわかってきています。この場合学力がある程度揃っていないと運営は難しいでしょう。

 また、オンラインでも双方向性の強い授業を行おうとすれば、人数も無制限というわけにはいかなくなりますし、ある程度は共通の理解が必要でしょう。
しかし、その選抜には幅広く提供されるオンライン授業の成績結果を使えば良く、今までのような入試を行う必要は必ずしもありません。

 入試を行わずオンラインで幅広く講義を提供して、受講者のすそ野を広げ、その講義で良い成績を修めた受講者に、キャンパスに実際に来て少人数の討論型授業に出る許可を与える、たとえばそんな形が考えられます。
 このやり方は、見方を変えれば、オンライン過程での受講が、選抜という意味である種の入試プロセスになっているとみることもできます。それは、一発勝負の試験で選抜するよりは、はるかに適切な方法ではないでしょうか。

 日本の大学教育は、あまりにも入試にウエイトがかかり過ぎていて、皆がその成果だけを気にする点が大きな問題とされてきました。また、その結果として、受験勉強にお金をどの程度つぎ込めるかが、結果を左右するという格差問題も指摘されてきました。
 ここで述べたオンラインを通じた新しい選抜と大学教育の形は、それらの問題をかなり改善させる可能性をもっています。

 その実現のためには、そもそも入試選抜の結果ではなく、卒業の是非に意味があるという、アメリカの大学等では当たり前に行われている方向性に、日本の大学が、当然変わる必要があるでしょう。
 それは必ずしも容易なことではありません。大学の教育やカリキュラム自体もかなりの変革は求められるでしょうし、評価の仕方も今までとは異なったものにしていく必要が当然あります。けれども、それは本来、大学が当然に果たすべき役割だったはずです。授業の履修を通じて選抜していくという考え方をもって、教育とその評価の仕方をつくっていくことが、これからの大学には求められています。

 以上のような変革が重要だと考えるのは、単に入試の問題だけではなく、就職活動やリカレント教育のあり方にも大きく影響すると考えるからです。

 人生100年時代と言われるようになり、長い人生の中で、環境変化に合わせてスキルを高めていく必要性が高まっています。学びの期間は二十歳前後までで、その後は、それを活かして働き続けるという構造は維持できなくなっているのは明らかです。就職した後でも、何らかのスキルを身に着ける、いわゆるリカレント教育の必要性を、多くの人が認識するようになっています。

 そうはいっても、仕事もある中で、本格的に大学に行ったりするのは難しく、多くの人がいつ、何を学んで良いのか迷っているというのが現状でした。ところが、このコロナ禍での経験は、リカレント教育の幅を大きく広げることになりました。在宅時に様々なオンラインセミナーなどに参加し、空いている時間を使って知見を広めようとした人も少なくなかったのです。

 そう考えてくると、大学が幅広くオンライン教育の機会を提供するということは、多くの社会人にとって、リカレント教育の機会を大きく広げることにつながります。今までのいわゆる社会人向けの大学教育よりも、はるかに幅広い分野について、多様な学習機会が提供されることになるでしょう。もちろん、社会人にとって必要な学びは、大学での座学がすべてではないでしょう。しかし、大学教育が好きな時間や場所で受けられることのメリットは、どんな世代の人にとっても大きいはずです。

 そうなると、卒業や就活の意味も今後随分と変わってくるはずです。現状では大学生が、インターンを含めた広い意味での就職活動にかける時間がかなり長くなっています。時間をかけて会社を、そして学生を選ぶという観点からすれば、それは望ましいことですが、一方では、就職活動によって大学の勉強をする時間を確保するのが難しくなっているという現状もあります。

 しかし、先に述べたように卒業に意味があり、履修して単位をとっていくことが容易でなくなれれば、就職活動の片手間に履修をすることは難しくなるはずです。そうなれば、たとえば就活期間中は休学して就職活動に専念し、就職が決定してから、きちんと大学の講義を履修して卒業をするという形になっていかざるを得ないはずです。

 この話をもっと進めて考えてみると、いっそ、就職活動だけに留まらず、卒業を待たずに就職をして、ある程度働いてみた後に、自分が必要と感じる時期に大学に戻って、必要と思う科目を履修し卒業をするというやり方も、もっとあっても良いのではないかと思います。なぜならば、少なくとも社会科学の分野についていえば、社会人としての経験を積んでからのほうが、はるかに理解しやすい講義内容も多いからです。

 学びというのは、本来、それを学びたいと強く思ったときに学ぶというのが一番成果があがるものです。そうであれば、とにかくできるだけ早い卒業を目指すという形ではなく、働いた後で、いくつになっても、必要だと感じたときに大学で学ぶ、そういうライフスタイルを考えていく必要があるでしょう。

いずれにしても、オンライン教育の経験からみえてきた自由度は、今後働き方やリカレント教育のあり方もきっと大きく変えていくでしょうし、それをより豊かな、学び豊かな生き方につなげていくための工夫がこれからは求められています。

キーワード

関連記事