NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「挑み続ける心」(視点・論点)

プロスキーヤー 三浦 雄一郎

私は50代の後半、もうそろそろ引退しようと、それまでエベレストをスキーで滑り転びながらも運良く一命を取りとめました。
南極、ここで雪崩に巻き込まれる、これも本当に運良く助かりました。本当に十本の指に余るようにここで助かった、助けてもらったと、まぁそんな事を繰り返しながら世界の雪山、これを登ったりスキーで滑ったり転んだりと、これを繰り返しました。

s181226_01.jpg

もう60になろうと、そろそろ定年退職、勝手に自分で引退しようとそう思いました。
私の生活の基盤、これは札幌なんですけれども、とってもビールが美味しい、焼き肉ジンギスカン、これも飲み放題食べ放題、美味しいビールを飲んだりと言うことでブラブラしておりました。
その頃ステーキなんかは1kgぐらいはペロリと食べると、こういう暴飲暴食、これがたたる、これでは普通の健康法では、これではとってもドンドンドンドン体重が増えました。身長164cmなのに体重がほぼ90kg体脂肪45と立派なデブに変身してしまいました。

s181226_02.jpg

とうとう健康診断、これを受けたら先輩のお医者さんただ先生から「三浦くん、これじゃあ、あなたもう70までは無理だ」と、余命3年と、健康診断を受けられますと色んな数値が出ますけれども、この数値が赤字だらけだと、血圧も200近い、糖尿病、人工透析もすぐだと、それどころか先程言いました生活習慣病から発した狭心症の発作と、まぁさすが呑気に暮らしてた僕自信もこれじゃあいかんなとは思いましたけれども、どうしていいかとしばらく悩んでおりました。

ちょうどその頃なんです。僕が65歳になろうとする頃、私の父親 三浦敬三 この人は99歳、100歳ひとつ前にヨーロッパアルプスのモンブラン、このバレー・ブランシュっていう氷河、まぁ30km以上ありますけれども、これをスキーで滑るんだと、それも90歳から99歳までの間スキーとトレーニングで3回も骨折しました。

s181226_03.jpg

でも人間の気持ち、あるいはそん中に持っているこういう事やりたい、夢、希望と、こういうものの力には不思議なものがあると思います、もちろん、まぁ病院でギブスかけてもらったり治療はお願いしてましたけども、この三回の骨折、これを治してとうとう99歳、モンブランを滑りました。

息子の方は三浦豪太と言いますけど、この人はオリンピック2回、その後ワールドカップ世界選手権、世界で頑張ってました。この二人に挟まれた僕だけがもう階段登るのもふぅふぅ言ってると、余命三年と、これじゃあいかん、じゃあなんかしてみようと、そこで考えたんです。
親父がモンブランなら俺はエベレストに登ってみようと、今考えても非常に無茶な発想、考えではありました。まぁとりあえず札幌の私のすぐそばにある藻岩山、これ標高531m幼稚園の生徒が登ってる山です。これを登りかけたのはいいんですけども、もう5分も山の緩い斜面、山道、登りながら心臓はバクバク言いだす。脂汗出てくる、足もつりそうになる。もうそれでもう我慢して我慢してやっと馬の背、峠があってここに丸太の椅子があります。ここにドーンっと腰かけましたけども、もう立ち上がる元気が無いんです。

スキーの選手うちの息子達もよくそこでトレーニングしてました。そっから10分もありゃ山頂に走っていけるんですけども、もう今日は無理だと、500mの山の頂上を諦めて敗退、山を降りていきました。この時思ったんです、もう65歳、これからエベレストどうしようかと、まぁやるだけやってみようと、仕事も結構その頃忙しい、じゃあ仕事をしながらまずメタボを治す、並行して足腰を鍛える、まず第一の目標は富士山、これを登ってみようと、ということで考えてみたのは足首におもりをつける、そうして外出する時には背中にザック、これを10kgから15kgと、これで外出そして散歩しようと、これを半年くらい続けました。体重がすこーしずつ減りました。85kg、83kgと、富士山、それまでにもちろんもう一回藻岩山をゆっくりゆっくり登る、札幌近郊1000m級の山をハイキングすると、そして半年たって富士山、これも高山病にあって酷い目にあいながらやっと登りました。

s181226_04.jpg

その後75歳、80歳とそれぞれ心臓の手術、あるいは骨盤、大腿骨骨折と、まぁこんなことがなければと、しかしやっぱり自分でエベレスト登ってみたい、この夢、希望と、こういうのが不可能だろうと、もう車椅子生活だろうと、といった大腿骨骨盤骨折、なんとか治りました。

そして80歳7ヶ月と、とうとうエベレストへ登れました、まぁこうやって考えてみますと人間、年を取るとやっぱり年だ、腰痛い膝痛い、出来ないことがいくつもいくつも出てきます。でも出来ないことを考えるよりこれをやってみようと、一歩でも何か踏み出せたらと、出来ること、これを一歩ずつ一歩ずつ諦めないでやること、夢を諦めない、僕自身にとってはこの気持、これが病気、怪我、年、これを超えながらとうとう念願のエベレスト、頂上に立つことが出来ました。

s181226_05.jpg

私は今86歳になりました、今出来ればですけれど、これから出発して南米の最高峰アコンカグア6960m、ここにチャレンジしたいと思っております。

s181226_06.jpg

ただやはりどういう訳か出発前、やっぱり歳のせいかこんなはずじゃなかったと、体調不良と、それでも、今年は富士山2回、そしてその前に南米でスキーをしたりと、まぁこんな事もやりましたけども、そして今、いよいよ南米の最高峰にチャレンジしてみたいとそう思っております。これも頂上まで行けるか行けないか分かりませんけども、ベストを尽くす、ダメなら途中で帰る、しかしこのベストを尽くした結果が頂上であればこれ以上無い最高の事だと思います、とりあえず頑張って南米アコンカグア、チャレンジしてみたいと思っております。ありがとうございました。

キーワード

関連記事