NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「文化財の保存と活用 ~未来への覚悟と責任~」(視点・論点)

東京国立博物館 平常展調整室長 松嶋 雅人

改正文化芸術基本法がことしの6月、成立し、国の文化政策の基本理念が方向転換しました。これまでの文化芸術振興基本法が、文化芸術基本法へと名前が変わった通り、文化芸術自体の「振興」から、観光などの関連分野を明記した「活用」に力点を移した内容になっています。

こうした中、東京国立博物館ではお客様から、「国宝『松林図屏風』や葛飾北斎の『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』は、なぜいつでも見ることができないのか?パリのルーブル美術館では『モナ・リザ』はいつ行ってもあるのに」という声をしばしばいただきます。博物館にせっかく出向いたのに、お目当ての作品が展示されていないのはなぜか、という疑問だと思います。

s171103_01.jpg

s171103_02.jpg

日本の長い歴史のなかで、文化的活動の結果として生み出された絵画や彫刻、漆器、陶磁器などの品々、古墳などに埋蔵された考古資料や社寺などの建造物、そして芸能、民俗文化、さらには長く変わらない風景や景色といった貴重な文化財は、保護されるべき対象とされています。そのためそれらの品々は、美術館などで公開される時間が制限されており、大切に保管されているので、恒常的に展示されているわけではないのです。
日本の文化財の多くは、お正月や桃の節句といった年中行事で、箱から取り出して使われる道具や調度品でありました。また宮廷儀式や宗教的行事で扱われるものも、ある特定の機会や時期に合わせて作られたものが多かったのです。長期間に渡って人目にさらされるものは、そう多くはありません。
温暖で湿潤な気候と、骨まで溶かす酸性土壌の多い風土のなかで、日本のもの作りの文化は、痛み、壊れ、無くなることが必然であったといえます。一見頑丈にみえるコンクリートの建造物でも、欧米と比べれば、その寿命は短いものとなります。新たな機会となれば、社殿などは建て替えられて、新たに作り直されるのです。そのため多くの品々の素材は、紙など植物由来のものが多く、また刀剣などの金属品のように時間の経過によって、さびが生じてしまうなど、そのままの姿かたちを長く留めておくことができないものが多かったのです。

このような日本の文化的特長のなかで、人々は優れた技や造形美を古くから敬い、尊重し、何百年前に作られた品々を現在にまで大切に伝えてきたという側面もあります。明治時代以降、西欧に倣いながら、日本の歴史的文化が美術館や博物館などで展示されることとなって、多くの人々が目にするようになりました。そのなかで文化財が限られた期間だけ展示されているのは、日本の文化に育まれた品々を扱う上での一貫した方法論でもあるのです。そして美術館などで、折々の季節に応じたさまざまな品々が選ばれて、季節ごとに取り換えて展示しているのです。

現在とくに、絵画や工芸品の日本美術が注目されて、各地で展覧会が開かれて活況を呈しています。また消費活動という経済面にも深く関わりながら、海外から訪日される観光客に対する日本文化の紹介も、強く要望されるところとなっています。そこで東京国立博物館では、展示品の解説や音声ガイドに英語、韓国語、中国語の多言語化を進め、海外からの来館者に日本文化の理解を深めていただこうとしております。本年度からは地方活性化のために、「収蔵品地方貸与事業」として各地の地方公共団体の美術館、博物館に、その地域ゆかりの収蔵品など、まとまった点数を貸し出しして輸送など一部の経費を負担する事業を進めています。

また海外の美術館などの展示施設へ、当館の収蔵品を中心に貸し出しして、日本文化を紹介する「海外展」も、タイやロシア、フランスなどにおいて開催が準備されており、年々その回数を増やしています。日本文化を紹介することで、各地域や海外の文化と共通するところ、あるいは異なったところを知っていただくことで、まさに多様性の理解が深まることにもなると思います。

このように近年、文化財の活用は経済的な要件も相まって、その重要性が増しているといえます。もちろん「活用」をより重視していくことで、文化財の姿かたちが失われること、つまり無くなるまでの時間は短くなります。硬くて頑丈そうな物質でも、温度湿度の変化や、展示する際の照明による光の影響は大きいものです。また文化財を展示するため、手にとるだけで物理的な衝撃を受けることになりますし、遠隔地まで輸送することも大きな負担となります。反対に蔵の箱にそっとしまっておく時間を長くすることで、文化財は先々まで長く保存できるのです。
文化財の「保存」と「活用」は、まさにそのバランスが問題となるわけですが、文化財の多くは、オリジナルの唯一無二の一点もの、その品限りです。その一つ一つは、材質の違いや作られた年代の違い、制作方法の違いによって、それぞれの取り扱い方法が異なります。
そして100年、200年といったある年数を経た時点で、痛んだ部分に補修を施すことで、寿命が延ばされてきました。補修や保存する技術も、極めて専門的な技術です。

s171103_03.jpg

s171103_04.jpg

いうまでもなく、その作業のためには慎重に進める長い時間と、お金つまり多くは、税金が莫大に必要となってまいります。
では千年先の未来の人々に貴重な文化財を伝えるために、現在の私たちが抱く貴重な品々をもっと見てみたいという要望は、ないがしろにされるのでしょうか?
日本では例えば明治時代におこった廃仏毀釈の動きによって、仏教に関わる品々の多くが海外に流失するなど、ある時代に生まれた文化が、各時代の人々の価値観の変化によって失われたものも数多くありました。つまるところ、私たちのかけがえのない文化財を、千年先の未来に届けるかどうかは、私たち国民自身の判断にかかっているのだと思います。

文化財に関わる人材、技術、施設などにどれくらいの税金を割り当てるかも含めて、日本に暮らす人々ご自身が、未来に対するある種の覚悟を持って文化財の将来と現代の活用のあるべき姿を、考えなければならないと思います。
そのためにも、文化財を直接扱う私たち学芸員や、研究者などの専門家は、その判断材料を可能な限り、皆様に提示する必要があります。日本の文化財に対する関心と理解を、より深めていただくように研究、調査を進めて、その成果を展覧会や常設展といった展示活動や論文などによって具体的に示していくことが必要なのはいうまでもないでしょう。そこでは伝統的な経験則だけでなく、どの程度の明るさの展示照明で、どのくらいの数量をもって文化財の痛みが進んでいくのか、あるいは何日間展示すれば、あと何年、この文化財のかたちは保たれるのかなど、科学的根拠を示しながら具体的にわかりやすく説明しなければなりません。

その上で文化財に対する関心をより強く寄せていただくことで、先人たちが何千年もの長きにわたり、大切に保管し、伝えてきてくれた文化財を、現代の私たちの手によって、千年先の未来へ伝えていくにはどうすべきかを、責任もって判断しなければなりません。一度失われた品々は無になれば、二度と取り戻せません。
日本で生み出された自らの文化を、将来どのようにすべきか、ぜひご一緒に考えていただければ幸いです。


キーワード

関連記事