NHK 解説委員室

これまでの解説記事

ロシアが北朝鮮製弾道ミサイルでウクライナ攻撃 ロ朝の思惑は?

出石 直  解説委員

北朝鮮からロシアに供与された弾道ミサイルがウクライナ攻撃に使われていたとして、日米韓など各国が非難を強めています。出石 直(いでいし・ただし)解説委員です。

C240116_1.jpg

Q1、ウクライナでの戦争に北朝鮮も関与しているということですか?

A1、その通りです。アメリカ政府の発表によりますと、北朝鮮から数十発の弾道ミサイルがロシアに供与されていて、そのうち数発が年末から年始にかけてウクライナに向けて発射され、少なくとも2発がウクライナ国内に着弾したことを確認したということです。弾道ミサイルの射程はおよそ900キロと推定されていて詳しい解析が進められています。

Q2、ロシアや北朝鮮は認めているのでしょうか?

C240116_5.jpg

A2、ロシアは「アメリカは間違った情報を広めている」と反発、北朝鮮は「いちいちコメントしない」としています。
北朝鮮が弾道ミサイルなどの兵器をロシアに供与することも、ロシアが北朝鮮から兵器の供与を受けることも、いずれも国連安保理決議違反です。日本、アメリカ、韓国、それにEU諸国の外相は共同声明を出して両国を非難するとともに、こうした武器取引をやめるよう求めています。

Q3、ロシアと北朝鮮はこのところ結びつきを強めていますね。

C240116_7.jpg

A3、去年9月にはキム・ジョンウン総書記がロシア極東の宇宙基地でプーチン大統領と会談しました。きのう(15日)からは北朝鮮のチェ・ソニ外相率いる代表団がロシアを公式訪問しています。
ロシアと北朝鮮は、ともに国際社会から厳しい経済制裁を受けています。ロシアは戦争の長期化で不足している兵器を補いたい、北朝鮮はロシアの進んだ技術などの軍事支援を受けたい。双方の思惑と利害が一致したということだと思います。
北朝鮮は弾道ミサイルだけではなくミサイルの発射装置や砲弾もロシアに供与していると見られています。ウクライナで続いている戦闘に北朝鮮の弾道ミサイルが使われ、これが北朝鮮の新たな資金源になっているとすれば、本当に由々しき事態だと思います。


この委員の記事一覧はこちら

出石 直  解説委員

こちらもオススメ!