NHK 解説委員室

これまでの解説記事

藤井二冠 史上最年少「名人」への絶対条件

名越 章浩  解説委員

将棋の最年少記録を次々に打ち立てている藤井聡太 二冠が、2月9日、棋士のランクを決める「順位戦」で昇級をかけた重要な対局に臨みます。
名越章浩解説委員が解説します。

C210209_0.jpg

【そもそも順位戦って何?】

C210209_1.jpg

プロの棋士は、それぞれの実力に応じてC級2組から最上位のA級まで、合計5つのクラスに分かれています。
同じクラスの棋士同士が1年かけてリーグ戦で対局して順位を決めるのが順位戦です。
上位の成績をおさめると次の年に1つ上の組に昇級できます。
そして昇級を繰り返し、ついにA級で1位になると8大タイトルの1つ、「名人」に挑戦できる権利を得られるので、棋士たちにとっては負けらない戦いです。

【藤井二冠は最短で2年余で名人に挑戦】

C210209_3.jpg

現在、藤井二冠は「B級2組」に在籍しています。つまり、最短だと、あと2年ちょっとで名人に挑戦できるかもしれない組にいます。

ファンとしては、タイトル獲得の「史上最年少記録」を期待する声が大きいのですが、それを達成するためには、年齢的に、今期での昇級が絶対条件になっています。

【期待される史上最年少での「名人」】

C210209_6.jpg

藤井二冠は現在、18歳と6か月。
最年少記録は、谷川九段の持つ21歳2か月です。
藤井二冠が最短で名人に挑戦できたとしても、そのときは、まもなく21歳になるという年齢。つまり、記録を達成するにはギリギリです。

B級2組は2月9日の対局を含め残り2局で、藤井二冠はここまで8戦全勝。負け無しの強さで来ていて、9日の対局で勝てばその日のうちに昇級が決まります。
敗れた場合も、他の棋士の結果次第で昇級の可能性があります。
ただ勝負の世界は最後まで分かりません。
藤井二冠が着実に今期での昇級を決められるか、注目したいと思います。

(名越 章浩 解説委員)


この委員の記事一覧はこちら

名越 章浩  解説委員

こちらもオススメ!