トップページ  番組情報  ひるまえクルーズかごしま  さつま狂句  2022年8月8日放送分

8月の兼題
「えしれん」

  •      

    仕事しごちょせえ えしれんはなしゃ もどいやし

    鹿児島市 / 永栄 寿桃 さん

    (勤務時間中はしっかり仕事をしなさい、くだらない話は帰りがけにしなさい という意味)

    寿星 :今回はいろんな「えしれん」が出て来ましたが、この句は課題の真ん中を貫いておりまして、そうだそうだと膝をたたかせてくれます。
    キャスター:「帰(もど)いやし」という言葉が面白いですね。
    寿星 :「帰りがけ・帰る途中」という意味ですが、こういう鹿児島弁を掘り起こして課題に結びつけるという気持ちが嬉しいです。ところでこの句の読み方は連用形ではなく、名詞止めでなくてはなりません。

    仕事しごちょせえ えしれんはなしゃ もどいやし


    <唱> そげなてかぎっ さばけんわろ
    (そんな人に限って、仕事はさばけない という意味)

    でも、帰り道の赤提灯は弾むことでしょう。

  • よかぶいの えしれんギャグが 裏目うら

    よかぶいの えしれんギャグが 裏目うら

    霧島市 / 渡 三弓 さん

    (得意になって言ったお粗末なギャグが裏目に出た という意味)

    寿星 :この句から「なんとんしれん」「親父ギャグ」「お寒い」などなど連想される言葉がいっぱい出てきます。言い古されたつまらないだじゃれで、シーンとなってしまったその場の雰囲気が想像されます。良い方に解釈してあげれば、場を盛り上げようと思ったのかもしれませんけどね。
    キャスター:「よかぶい」が面白いですね。
    寿星 :鹿児島では「偉ぶる」ということで皮肉を表すのにぴったりの言葉です。

    よかぶいの えしれんギャグが 裏目うら


    <唱> じゃっどん全然ぶんと 勘にきちょらじ
    (そうではあるが本人は全然気づいていない という意味)

    笑いを取るのは狂句でもなかなかです。

  • 子のた絵 親がえしれん 手をれっ

    鹿屋市 / 鳥越 かつお さん

    (子供が書いた絵に親が余計な物を書き加えた という意味)

    寿星 :親にしてみれば良かれと思ったのでしょうが、純真な子供には絵がぶち壊された感じではないでしょうかね。最後の仕上げをするという意味の「画竜点睛(がりょうてんせい)」ということわざがありますが、逆になってしまったようです。線1本にしても、大人と子供とではシャープさが違いますから、余計に目立ったかもしれません。子供にとってはまさに「えしれんこっ」でした。
    キャスター:夏休みの宿題の加勢かもしれませんね。
    寿星 :そのまま提出して先生の判断を仰ぎますか。

    子のた絵 親がえしれん 手をれっ


    <唱> 図工じゃ何時いっも 2じゃった腕が
    (お父さんは図工の成績はいつも2だったのに という意味です)

    絵を描くときは部屋にカギをかけましょう。