ページの本文へ

かごしまWEB特集

  1. NHK鹿児島
  2. かごしまWEB特集
  3. 第66回NHK旗高校野球 みどころ!

第66回NHK旗高校野球 みどころ!

NHK旗の組み合わせが決定!実況アナがブロックごとに見どころを紹介
  • 2024年05月14日

 

「NHK旗争奪」という名前では最後の大会となる今大会。
5月7日(火)に抽選会が行われ、全20校の組み合わせが決定!
25日(土)の開幕を前に実況担当の黒田賢アナウンサーがみどころを紹介!

第1シード 神村学園は鶴丸と対戦

まずは第1シード神村学園のブロック。
センバツ・ベスト16の神村学園は、優勝した去年のNHK旗以降、県内では公式戦無敗です。
ことしも圧倒的な打撃が持ち味。
18歳以下の日本代表候補・4番 正林輝大 選手を中心に連覇を目指します。
その神村学園と初戦で対戦するのは、去年秋の県大会でベスト4に入った鶴丸高校。
出水工業は6年ぶりの出場です。

投手力光る2チーム れいめい高校、出水中央高校

第4シードはれいめい高校
去年秋は準優勝、春はベスト4に入りました。
制球力の高い 谷内秀乃介 投手など投手が中心の守りのチーム。
春の県大会で打率5割を記録した3番の 川端聖七 選手は攻撃のキーマンです。
第5シード出水中央高校は春のチーム防御率が0.75。
左の 坂口楓 投手、右の 福脇宗矩 投手のダブルエースは強力です。
1959年の第1回大会優勝校 鹿児島玉龍高校鹿児島中央高校との初戦です。

鹿屋農業は春・準Vチーム 樟南高校と鹿児島商業が初戦でぶつかる

春・準優勝と躍進した鹿屋農業が第3シードです。
エースで4番の 吉元翔皇 投手を中心とした粘り強い野球で大隅勢の意地を見せます。
初戦の注目は春夏あわせて25回の甲子園出場・鹿児島商業とNHK旗優勝18回と最多の樟南高校のカード。大会初日から目が離せません!
 

最多出場・鹿児島実業はエースがカギ?

大会最多の63回目の出場、春・優勝の鹿児島実業が第2シード。
注目は投手陣。中でも、春26イニング無失点のエース 井上剣也 投手のピッチングが6年ぶりの優勝に向けてカギを握りそうです。初戦の相手は離島勢唯一の出場、大島高校です。
開幕試合は川内商工vs.鹿児島工業。勝者が秋・春ベスト8の国分中央との2回戦に進みます。

5月25日開幕!準決勝・決勝をラジオ生中継!

大会は今月25日に開幕します。
選手宣誓はれいめい高校・藤本悠人 主将です。

日程が順調に進めば、来月(6月)1日に準決勝が翌2日に決勝が行われます。
NHKでは準決勝以降の3試合の模様をラジオで生中継します。

NHK旗高校野球・放送予定
6月1日(土) 準決勝  
NHKラジオ第1 午前11時00分~11時55分 
NHK-FM    午前11時55分~午後0時15分 
NHKラジオ第1 午後0時15分~(4時)

6月2日(日) 決勝   
NHKラジオ第1 午後1時~(3時55分)

※雨天の場合は順延になる可能性があります。

  • 黒田 賢

    NHK鹿児島放送局 アナウンサー

    黒田 賢

    2021年入局。スポーツ実況やニュースなどを担当。
    K-POPのライブに年間5回以上は参戦!ウイスキー好き

ページトップに戻る