ページの本文へ

かごしまWEB特集

  1. NHK鹿児島
  2. かごしまWEB特集
  3. 平川動物公園50年 白鳥哲也アナが見つめるこれまでと未来

平川動物公園50年 白鳥哲也アナが見つめるこれまでと未来

  • 2022年10月20日

鹿児島市の平川動物公園が、開園してから10月14日でちょうど50年となりました開園からの入園者数は2780万人。家族や友人とともに、あるいは学校の遠足など、人生のさまざまな場面で多くの人たちの記憶に刻まれてきました。NHKに残される秘蔵映像とともに同い年生まれの白鳥哲也アナウンサーがその歩みとこれからを見つめました。

(鹿児島局アナウンサー 白鳥哲也 
記者 柳沢直己)

平川と言えばコアラだけじゃない!貴重な動物も・・・

白鳥アナと”年パス”

開園50周年を迎えた平川動物公園。”年パス”、年間パスポートも持っている白鳥アナが中に入っていくと・・・。

白鳥哲也アナウンサー
まずはこちらですよ。正面入ってすぐのところアフリカ園です。奥に見えるのが桜島ですけれど、なんといっても、やはり動物園ですからキリンですよね。

マサイキリン 国内わずか8頭!

ここにいいるキリンは、マサイキリンというキリンで、これね、国内に8頭しかいないんですよ。そのうちの3頭がここ平川動物公園にいると、大変珍しいキリンなんです。

そこで待ち合わせをしたのは平川動物公園の福守朗園長です。

実は福守さんが毎月行っているガイドツアーに個人的に参加しているという白鳥アナ。
平川動物公園と言えば国内最多の飼育頭数をほこるコアラが有名ですが、白鳥アナのイチオシだというのが・・・。

白鳥アナ
あ、福守さん。ヤブイヌ。平川動物公園でね、私のイチオシの“推し動物”です。

福守園長
なかなかマニアックですね。九州ではうちだけで飼育している珍しい動物です。昔から姿を変えていない原始的な姿をとどめた種類だと言われています。

瞳がかわいいヤブイヌ

ずんぐりしてつぶらな瞳がかわいいヤブイヌ。南米原産のれっきとしたイヌ科の動物だということです。

思い出に残る動物園

小学1年生の白鳥アナ

鹿児島出身の白鳥アナも小学校のころから母親や友人とよく遊びに来ていたという平川動物公園。取材にうかがったこの日もたくさんのお客さんが訪れていました。話をうかがうと、世代を超えて愛されてきた動物園だということを実感できました。
 

白鳥アナ
どうですか、自分たちが子どもの時はよく来ていましたか?。

20年ぶりくらいですね。鹿児島のシンボルですよ。

自分の小さいころの思い出と重なるというか。やっと最近、子どもが動物が分かるようになってきたので、子どもも喜んで見てくれています。いつか孫を連れてきたいですね。

秘蔵映像でたどる動物園のこれまで

平川動物公園が開園したのは昭和47年10月14日。開園当時は、西日本一の規模を誇っていたといいます。そして、開園から12年後の昭和59年に鹿児島空港に降り立ったのは今や平川動物公園の代名詞とも言えるコアラです。

日本の動物園にコアラがやってきたのは、これが初めてでした。

当時の映像ではパトカーも出動するなどまさに“VIP待遇”の様子も。愛くるしい姿をひと目見ようと人だかりができました。

空前のコアラブームに沸き、このときの入園者数は今も破られていない記録だそうです。

国内で初めてコアラの繁殖に成功したのも平川動物公園でした。

新たな命そして別れも

トカラヤギの赤ちゃん

ほかにも、トカラ列島で家畜として飼育されてきた「トカラヤギ」など、多くの新たな命がここで生まれました。フラミンゴのくちばしの先に白い赤ちゃんがいるのがわかりますか?。

フラミンゴと赤ちゃん

おととし天国に旅立つまで、人気者だったメスのホッキョクグマのカナ。南国・鹿児島の暑さをしのいでもらおうと、夏には大きな氷のプレンゼントもありました。

カナと氷のプレゼント

動物園のこれから

保護されているアマミノクロウサギ

開園から50年を迎えた平川動物公園。新たな挑戦にも取り組んでいます。案内されたのは、普段は公開されていない動物園のバックヤード。今回、特別な許可を得て見せてもらったのはアマミノクロウサギです。
奄美大島では近年、車にはねられる事故が増えています。希少な動物たちを守ろうと、アマミノクロウサギの保護活動にも力を入れています。

これからの動物園の使命は動物の置かれた現状を伝え、人と動物の関わり方を見つめ直す場にしていくことだといいます。

平川動物公園 福守園長
これまで培われてきたいろんな知識・技術を引き継いでいくのも当然ありますけども、時代とともに動物園を取り巻く環境は変わってきていますから、時代に応じて変えるべきところは変えなければならないという風には思っています。

その上で動物園に来てもらった人に感じてほしいこととは・・・。

平川動物公園 福守園長
野生動物が減っているという現状には人間の経済活動や気候変動など地球環境の悪化が大いに影響しているので、動物園に訪れる方にもそういったことを考えてもらうきっかけになればいいなと。

  • 白鳥 哲也

    白鳥 哲也

    長崎・京都・松山・沖縄局を経て、Eテレ「きょうの健康」などを担当
     現在は、ふるさと鹿児島で「情報WAVEかごしま」キャスター

  • 柳沢直己

    NHK鹿児島放送局 記者

    柳沢直己

    2021年入局。事件・事故担当。宮城県出身。鹿児島に来て、日本酒派から焼酎派に。

ページトップに戻る