内 美登志 - うち みとし

更新履歴

アナウンサー・キャスターだよりトップへ
アナウンサー・キャスター紹介
2019年7月23日(火)

「総合開会式で輝け! 8人の高校生アナウンサーたち!」



令和最初の全国高校総体「南部九州総体」が7月24日から鹿児島、熊本、宮崎、沖縄の4県などで開催されます。 鹿児島県で高校総体が開かれるのは、何と37年ぶりのこと。 「総合開会式」は7月27日に鹿児島市の「鹿児島アリーナ」で行われます。


7月8日、初めて、「総合開会式」のすべてのスタッフが集結しての合同練習会が、会場の鹿児島アリーナで行われました。県内の40の高校から生徒や関係者など1100人あまりが参加しました。



この開会式のすべての場面に登場するのが、会場の進行を担当する“高校生アナウンサー”の皆さん。7つの高校から集まった8人の女性たちです。 彼女たちは1年かけて選抜されました。私も、指導という立場で、6月から、一緒に準備を進めてきました。



総合開会式は約2時間半。式の前後も含めると、約4時間半にもわたり、彼女たちは交代でアナウンスを続けます。コメントの数は200にものぼります。緊張の連続です。体力面のスタミナのみならず、精神面のスタミナも必須です!




合同練習会では、「選手団入場」「式典」「公開演技」などブロックごとに入念にリハーサルを行った後、最後に、2時間以上かけて、本番さながらの通しリハーサルを行いました。午前9時から始まった合同練習会は、終わってみれば午後5時。何と、8時間にも及びましたが、彼女たちは、ほぼノーミスで乗り切りました。高校生って、本当にすごい!



もうすぐ、7月27日の本番です。1年かけて準備してきた集大成です。 「感動は無限大 南部九州総体 2019」。その「総合開会式」で8人の女子高校生アナウンサーたちが鹿児島アリーナを盛り上げます。 開会式に行かれる方、是非、彼女たちのアナウンスにも、耳を傾けてみてください!


アナウンサー・
キャスター一覧