「ライフ・デザイン(人生をデザインする)」
~「日本賞」エントリー作品から学ぶ、人生の“魅せ方”と“編み方”~

昨年の日本賞に寄せられた作品には、障害のある人たちの世界を生き生きと描いた作品、多様性をテーマにした作品が多数ありました。
認知症の人がホールスタッフをつとめる「注文をまちがえる料理店」など様々なプロジェクトをてがける小国士朗さんをゲストに迎え、日本賞作品の上映会&トークセッションを行いました。

【日時】
2019年4月22日(月) 開場/午後6時30分 開演/午後7時 終演/午後9時
【会場】
六本木アカデミーヒルズ スカイスタジオ(49階)
【ゲスト】

小国 士朗(プロデューサー)

2003年NHKに入局。ドキュメンタリー番組を制作するかたわら、150万ダウンロードを記録し、2016年日本賞クリエイティブ・フロンティアカテゴリー最優秀賞を受賞したスマホアプリ「プロフェッショナル 私の流儀」や世界1億再生を突破した動画を含むSNS向けの動画配信サービス「1.5ch」の企画立案の他、個人的プロジェクトとして、世界150か国に配信された、認知症の人がホールスタッフをつとめる「注文をまちがえる料理店」などをてがける。2018年6月をもってNHKを退局、フリーランスのプロデューサーとして活動。

小国 士朗(プロデューサー)
【モデレーター】
田中 瑞人(NHK制作局統括プロデューサー/日本賞事務局長)
【上映作品】
  • 「はじめてのドキュメンタリー ジュリアとソフィー 水泳教室に行く」
  • 「マイ・ライフ ビデオブログが私の人生」
  • 「わたしたちのシューカツ大作戦」 ほか
作品の詳細はこちら
  • 「はじめてのドキュメンタリー ジュリアとソフィー 水泳教室に行く」
  • 「マイ・ライフ ビデオブログが私の人生」
  • 「わたしたちのシューカツ大作戦」
【主催】
NHK
【協力】
アカデミーヒルズ

TOP