あおきいろ

テーマソング「ツバメ」

「YOASOBI とつくる未来のうた」企画のグランプリ作品
「小さなツバメの大きな夢」をもとに作られた楽曲です。
みんなで歌って踊ろう!

ツバメ

詞・曲・編 Ayase



をはためかせて
あのこう
えて

はそうさなツバメ
辿いたれた
しそうな
しみにれる

みんなそれぞれらしの
りたくて気付かないうちに
ってしまうのはなぜ

らはとりどりの
このきている
それぞれ
いながら
らはめるものも
いてるうけれど
えたなら
きっとえるるから
にはいまができるかな

かがれたかさの
われた
本当って
きていたいだけなのに

しいちにまれて
まりかけても
すことでめることで
らはがりえる

らにできること
それだけでてがわらなくたって
かの一日にほら
しだけやかなりを
宝石だとか
金箔ではないけれど
こんな
ささやかなれたなら
かがほらわるはずさ
いつかきっと
それがさなきな

うたう人

YOASOBI写真
YOASOBI
コンポーザーのAyaseとボーカルのikuraからなる2人組の音楽ユニット。
一般の方から投稿された小説や、新たに書き下ろされた小説を楽曲にしていくスタイルで、「夜に駆ける」をはじめ数々のヒット曲を生み出している。
今回は、「小さなツバメの大きな夢」(乙月ななさん・15歳)の物語を楽曲化した。

振付師

MIKIKO写真
MIKIKO
演出振付家。ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume、BABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ、様々なMV・CM・舞台などの振付を行う。
新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ演出家として、ジャンルを超えた様々なクリエーターとのコラボレーションを行っている。

ダンス監修

中村和彦
山梨大学理事・副学長。専門は身体教育学・発育発達学。子どもの遊びの重要性と動きの発達に関する研究を続けている。文部科学省やスポーツ庁などの仕事に取り組むと共に、Eテレおかあさんといっしょ「ブンバボーン!」や「パプリカ」を監修。
ダンス解説動画