NHKデジタル

地上デジタル放送を見るには

地上デジタル放送を見るには

地上デジタル放送は、

  • UHFアンテナ
  • 地上デジタル対応受信機(テレビ,チューナーなど)

を用意すれば、ご覧になれます。

ケーブルテレビなどでご覧に なる場合には、UHFアンテナは不要です。 受信機は、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の3波が受信可能な「3波共用受信機」が主流となっています。

地上デジタル放送を見るには

もっと知りたい

  • UHFアンテナ
  • もっと知りたい

    UHFアンテナ

    UHFアンテナの種類別対応チャンネル

    地上デジタル放送用のUHFアンテナは、対応するチャンネル周波数によって次のような種類があります。

    地上放送用アンテナは電波の状態に応じて選ぶ

    地上波は地形などの影響を受けるため、設置場所の電波の状態に応じたアンテナ選びが必要です。 アンテナについている素子(主軸から横方向へ伸びている枝の部分)は、数が多いほど感度がよく指向性が鋭くなります。そのため通常は、テレビ送信所からの距離が離れているほど多素子のアンテナが必要になり、方向調整も難しくなります。また建物による遮蔽や反射波などの影響、方向性など、電波の状態を予め確認した上で適正な機種を選びましょう。

    電波の状態に合ったアンテナとは?

    以下は、テレビ送信所からの距離の違いによるUHFオールチャンネル対応アンテナの素子数の違いを示したものです。ただし距離と素子数の関係はあくまで目安です。またすでにアナログ放送の受信に全帯域用UHFアンテナを使用していても、デジタル放送の送信所と電波の方向が異なる場合は、地上デジタル放送用にUHFアンテナの増設や、方向調整が必要になることがあります。

  • 地上デジタル対応受信機
  • もっと知りたい

    デジタル放送受信機が次々登場

    受信機は、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の3波が受信可能な「3波共用受信機」が主流

    地上デジタル対応受信機は、メーカー各社から発売されています。

    液晶テレビやプラズマテレビなどの薄型テレビが、最近の主流になっています。

    ハイビジョン画質のデジタル放送対応受信機一覧

    種類
    特徴

    液晶テレビ
    液晶に電圧をかけると、液晶分子の向きが変わり光の透過率が変化する性質を利用して、画面を表示するテレビです。カラー映像を生成するために、3原色の偏向フィルタを持つ液晶面の裏側から光を当てています。応答速度に追従する技術など高画質にするための技術が開発されています。

    プラズマテレビ
    蛍光灯と同様、封入した特殊なガスに電圧をかけて紫外線を発生させ、蛍光体に照射することで発光させる方式です。応答速度が速いという特徴を持っています。

    有機ELテレビ
    有機ELとは、リン光型低分子材料などの有機物質に電圧をかけるとそれ自身が発光する発光体です。このディスプレイは、バックライトを必要としないため低消費電力ながら高コントラスト、高輝度が得られ、広色域で速い応答性などの視認性に優れた特徴があり、軽量薄型にすることができます。

    ブラウン管テレビ
    電子銃から放射される電子を管面に塗布した蛍光体に当てることで発光させる方式です。 輝度や応答速度に優れていますが、薄型化や大型化が困難です。
  • VHSビデオをデジタルテレビで見る
  • もっと知りたい

    VHSビデオをデジタルテレビで見る

    これまでに収録したVHSなどのビデオテープは、薄型デジタルテレビに買い換えても引き続きご覧いただけます。

    VHSビデオデッキなどのアナログ録画機を、デジタルテレビとビデオコードでつなぐことで、アナログ録画機の再生映像を見られます。

    <接続・再生手順>
    1.VHSビデオデッキ(アナログ録画機)の「出力」と書かれた端子にビデオコードをさします。
    2.ビデオコードのもう一方をデジタルテレビの「入力」と書かれた端子にさします
    3.デジタルテレビの「入力切替」などで、VHSビデオデッキ(アナログ録画機)の映像が見られるチャンネルにあわせます。
    4.VHSビデオデッキ(アナログ録画機)の「再生」ボタンを押します。

    ※画質は標準画質になります。

    地上デジタル放送対応チューナーを追加することで、これまでお使いのアナログテレビでも地上デジタル放送が見られます

    地上デジタル放送は、地上デジタル放送対応のデジタルチューナーを追加することで、これまでお使いのアナログテレビでも楽しめます。ただし、画質はお使いのテレビによって異なります。

    今使っているテレビでも地上デジタル放送は見られます

もっと知りたい

  • テレビとデジタルチューナーの接続
  • もっと知りたい

    テレビとデジタルチューナーとの接続

    テレビとデジタルチューナーとの接続には、映像用と音声用の2種類のケーブルを使用するか、HDMIケーブルを使用します。 映像用ケーブルの種類としては、コンポーネントビデオ端子、S端子、D端子(テレビの画面アスペクト比の違いによりD1~D4の4種類の規格があります)の3種類があり、これらの端子およびHDMI端子の有無はテレビによって異なります。接続の際は、取扱説明書をよく読んでから行いましょう。

    D端子の種類と画面アスペクト比について

    D端子は、主にテレビとDVDプレーヤーまたはデジタルチューナーとの接続に使用する端子で、デジタル方式の映像信号をアナログ方式に変換します。 (アナログテレビ対アナログ機器との接続には、主にS端子やビデオ端子を使用します) D端子にはD1~D4の4種類があります。このうちD1とD2は画面アスペクト比が4:3のテレビで使用します。ハイビジョン対応(アスペクト比16:9)のテレビの場合は、D3またはD4の端子になります。例えば、BSデジタル対応のハイビジョンテレビで、地上デジタル放送用に別途チューナーを接続する時は、D4の端子を使用してください。

  • ズーム機能ご利用時の注意点
  • もっと知りたい

    ズーム機能ご利用時の注意点

    デジタルチューナーを画面サイズが4:3のテレビに接続して、デジタル放送をお楽しみ頂く場合、16:9の映像を表示するため、テレビ画面の上下に黒帯が表示されます。

    お使いのチューナーによっては、デジタル放送を4:3のテレビ画面全体に表示させる「ズーム」などの機能が搭載されています。「ズーム」機能は、上下の黒帯が消えるように、デジタル放送の画面を引き延ばすため、左右がカットされて表示されます。そのため、「ズーム」機能を使用すると、16:9の映像の左右に表示される時刻表示などが、表示されなくなります。時刻表示などを確認するには、「ズーム」機能を無効にする必要があります。