日本文学研究者 ドナルド・キーン

4月30日(月)午前10時~ BSプレミアム

日本文学研究者 ドナルド・キーン

時時代を切り拓いてきた人物の人生哲学や未来へのメッセージを聞く「100年インタビュー」。今回のゲストは、日本文学研究者で、コロンビア大学名誉教授のドナルド・キーン(89)。ニューヨークで生まれたキーンは、18歳の時に「源氏物語」に出会って以来、日本文学に魅せられた。そこには「美のために生きる人間」が描かれていたからだ。
大学卒業後は海軍日本語学校に入学。戦争中は日本人捕虜への尋問、戦死した兵士の日記を翻訳する業務に就いた。そこでキーンは、「軍国主義的な一面」と「苦悩や愛情を綴る繊細な一面」を併わせもつ生身の日本人を知ることになる。以来、日本文学の研究、翻訳を通して、日本文学の魅力を世界に伝えるとともに、日本人の心を見つめてきた。
「今こそ日本人とともに生きたい」と日本への永住と日本国籍取得を決意したキーン。今回は、京都 銀閣寺にて、キーンの半生をふり返りつつ、日本文化の基層にある、変わらぬ「日本人の心」とは何か、日本の未来にどんな期待を抱いているのかを聞く。
聞き手・渡邊あゆみアナウンサー。


  • ゲスト写真
  • ゲスト写真
  • ゲスト写真

バックナンバー一覧へ戻る