指揮者 小澤征爾

6月25日(木)午後8:00~9:29BShi

指揮者 小澤征爾

~西欧音楽と格闘してきた半世紀を語る~
指揮者 小澤征爾(73)。23歳の時、初めて貨物船でフランスに「武者修行」に渡ってから、小澤は「日本人がどこまで西欧音楽を理解できるかという壮大な実験をしてきた」と語る。それから半世紀経た今、その頂点ともいえるウイーン国立歌劇場の音楽監督を務めている。小澤は西欧音楽とどう格闘しどこまで極められたのだろうか。
西欧文化人からの「伝統も知らない」などという批判に対して、小澤は、とことん楽譜を読み込み作曲家が楽譜に込めた思いに真剣に向き合うこと(=勉強)を何より大切にしてきた。そして、今「文化的背景などの違いはあるが、たとえば悲しみの気持ちのように深いところでは日本人でも理解しできると思う。実験の成果は私が死んだ後に誰かが判定することだ」と語り、後進の育成にも力を入れている。
番組では、小澤の半世紀を振り返りながら、どんな格闘をし、どこまで西欧音楽を理解し表現できるようになったのかを聞く。
今回は、ウイーン国立歌劇場にて収録。聞き手は、有働由美子アナウンサー。

再放送 :6月28日(日)午前10:00~11:29 7月2日(木)午後2:00~3:29BShi


  • ゲスト写真
  • ゲスト写真
  • ゲスト写真

バックナンバー一覧へ戻る