NHK札幌放送局

43分版!ローカルフレンズ滞在記

瀬田 宙大

2021年7月14日(水)午後4時27分 更新

本日、ローカルフレンズ滞在記 43分番組のナレーションを入れてきました。宗谷・喜茂別・弟子屈の魅力を凝縮した今回の番組。「ナレーションを入れました」とカッコつけましたが、私が音にした文字はわずか324文字。それ以外はオールON!つまり、取材にご協力いただいた地域のみなさんの声でほぼ全編お届けします。ゆったり旅気分でご覧ください。番組のキャスターはよく最初の視聴者といわれます。キャスターでもある私の率直な感想は「みんなとあれこれ語りたくなります」です!

≪ローカルフレンズ滞在記≫
地域にディープな人脈を持つ「ローカルフレンズ」のもとにディレクターが1か月滞在し、地域の宝を見つけるコーナー。放送は毎週木曜日のほっとニュース北海道(NHK総合・18時10分~)で、次回のレギュラー放送は9月。オホーツク海側の西興部村が舞台です。

ローカルフレンズは公募制。地域をプロデュースしたいとNHKに連絡をくださった方々に順番に地域の案内を担当していただいています。

4月は稚内を拠点に宗谷エリアを、5月は喜茂別町を、そして6月は弟子屈町を見つめました。今回の番組はディレクターが滞在中にお会いできた方々がほぼ全員登場します!その為、各地域の雰囲気もあわせて知ることができます。なにより、会いに行きたくなります。

324文字ナレ15分、感想戦40分

ナレーションはきょう午前にスタート。
11時15分から43分の番組をまるまる視聴。
短く感想を伝えて、ナレーション収録へ。
気持ちをのせて324文字を音に変換、15分ほどで終了。
ローカルフレンズプロジェクトの函館でまわり道をの次にコメント量が少ない番組でした。

ナレーションブースを出た私は、編集を担当したオオスミDと番組の責任者マツマルPと感想戦へ。気がつけば40分あまり語り合っていました。地域のこと、番組のこと、ほっとニュース北海道でお伝えした際に皆さんから頂いたコメントの熱量のことなど、話が尽きることはありませんでした。オオスミDが「音声チームが待っているのでそろそろ仕上げの作業はじめすね」と、会話をとめてくれなければまだまだ続いていたことと思います。

何が言いたいのか。

いい番組です。

きっと、仲間といろいろ語らいたくなるはず。

みなさんもぜひ、ご覧ください。
そして感想を発信してください。
可能であれば #ローカルフレンズ とタグ付きで発信をお願いします。制作者一同で拝見して、今後の番組づくりに生かしていきます。

放送は今度の金曜日16日、夜7時57分~8時40分まで。総合テレビで北海道全道放送です。

番組の内容は私が読んだこの324文字に詰まっています!!

美しい春の宗谷 出会ったのは13歳のネイチャーガイドだった
おいしい魅力にあふれる喜茂別町 フランスから来た女性が木々を抱きしめて暮らしていた
ワイルドな自然が味わえる弟子屈町

まだ知られていない北海道の豊かな暮らし
案内するのは地域にディープな人脈を持つローカルフレンズ
NHKのディレクター単身地域に飛び込んで1か月のあいだ取材を行うこの番組

4月向かったのは稚内のゲストハウス 宿の主人は雑誌やSNSで地域情報を発信してきた情報通 宗谷を1か月案内するローカルフレンズだ
5月後志の喜茂別町にいるローカルフレンズのもとへ コーヒーを通じて町民をつなぐ町のアクションの中心人物
続いてのローカルフレンズは弟子屈町にいる みずから撮影編集出演し弟子屈町の魅力を伝える新世代の情報発信者

もう少し詳しく知りたいよ!という方はこちらの30秒動画から推察ください。

あとは、放送までのお楽しみということで!
なおこれまでのローカルフレンズ滞在記をおさらいしたいという方は、WEBページに掲載している記事や、番組に届いた皆さんからのコメントをご覧ください。

2021年7月14日

関連情報

#ローカルフレンズ(19)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年7月13日(月)午後3時00分 更新

ほっと通信(98)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年3月10日(火)午後1時52分 更新

道道×フレンズ コラボ企画実現

瀬田 宙大

2021年1月13日(水)午前11時57分 更新

上に戻る