NHK札幌放送局

北海道 農林水産の最新技術まとめ

瀬田 宙大

2021年4月9日(金)午後3時37分 更新

ほっとニュース北海道で今週、シリーズでお伝えした農林水産業の各分野で、道内の大学や研究機関ではどのような技術の開発が進んでいるのか、NHK北海道の各放送局の記者が深掘りしたシリーズ。見逃したという方は、こちらで動画をご覧いただけます!

超ローカル宣言を掲げてお伝えしている新年度。放送に加えて、特集「チェンジ」のほか、ローカルフレンズなど全ての放送はWEBでも展開しています。

今週、新たなシリーズとしてお伝えした「農林水産の最新技術」。
放送を見逃した方は「北海道NEWS WEB」で放送後1週間は動画をご覧いただけます(NHK北海道では原則、全てのニュース、特集を掲載しています)。それぞれのリンクをご紹介します☟

サケ復活へ!稚魚研究の最前線(釧路放送局 田村記者)

近年、不漁が続くなか取材したのは、サケの稚魚に焦点をあてた研究の最新事情。資源回復への手がかりと難しさが見えてきました。
釧路放送局の田村佑輔記者のリポートはこちらから(今月12日まで配信)

オホーツク産ハッカ再興 技術革新に挑戦(北見放送局 五十嵐記者)

ハッカから取り出された油は、化粧品や虫よけ、さらにはマスクにつけて清涼感が得られるなど注目を集めています。昭和初期には、世界のハッカ生産の7割以上を占めていましたが、現在は最盛期の1%以下に落ち込んでいます。オホーツク産のハッカを再興しようと北見市の企業と大学が協力して、蒸留技術の革新に取り組んでいます。そのカギは身近な家電製品でした。
北見放送局の五十嵐菜希記者のリポートはこちらから(今月13日まで配信)

和牛生産に革新!AIで肉質アップ(帯広放送局 原祢記者)

全国一の肉牛の産地、十勝から肉牛の肉質改善に向けた最新技術についてお伝えします。これまでは基本的に肉になってからしかわからなかった肉質が、生きた牛のままでも推定できる新たなシステムが開発されました。和牛生産の常識を覆すこのシステム、活用するのはAI=人工知能です。
帯広放送局の原祢秀平記者のリポートはこちらから(今月14日まで配信)

なお、今夜のほっとニュース北海道ではシリーズ第4回、旭川放送局の山田裕規記者でCLT=直交集成板についてリポートします。放送終了後には北海道NEWS WEBにも掲載されます。ぜひご覧ください。

2021年4月9日



関連情報

ほっと通信(70)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年8月21日(水)午後6時17分 更新

ほっとニュース通信(35)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年1月7日(月)午後5時42分 更新

#ローカルフレンズ(4)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年4月22日(水)午後0時21分 更新

上に戻る