NHK札幌放送局

宗谷プチ滞在 DAY1

瀬田 宙大

2021年4月19日(月)午後3時14分 更新

北海道暮らし4年目にして初めての宗谷エリア。身長180センチの私の身体がもっていかれるくらいの強風の歓迎を受けました。新たに始まった「ローカルフレンズ滞在記」。地域にディープな人脈を持つローカルフレンズが暮らす地域にNHKのディレクターが一か月滞在し、その地域の魅力を伝えるという企画です。第1週から第3週まではディレクター単独ですが、第4週はわたくしも現地にプチ滞在して様々な出会い、発見を通じて地域の宝を探ります。プチ滞在初日がきのう、4月18日にスタートしました。

強風のため稚内空港に着陸出来ない場合は引き返す

「条件付き飛行」から始まった今回の旅。新千歳―稚内間は以前から風の影響を強く受ける路線とは聞いていましたが、まさかこのタイミングで重なるとは。幸先悪いなぁと思いつつも、祈るような気持ちで搭乗。ちょうど折り返し地点。機長からのアナウンスがはじまりました。「条件付き飛行ですが、現地からの情報によりますと着陸に問題がなく、予定通り向かいます」とのこと。強風に見舞われましたが、強運も味方につけられたようです。幸先良い滞在のスタートです。ということで、無事に到着。新千歳から50分程。札幌からも飛行機なら結構近いですね。発見!ちなみに丘珠空港から利尻島も同じくらいで行けそうですよ。

滞在ディレクターと合流!

宗谷エリアの滞在ディレクター、越村Dと合流。なんだか背中が頼もしく見えました。3月末から始まった滞在。放送第1週は稚内市、第2週は利尻島、第3週は豊富町の魅力をみずから取材、撮影、編集、WEB記事執筆、中継リポーターすべてを担当してきた自信を感じたからかもしれません。

そんな越村Dにお願いして向かった先は…

初回の放送に登場したハンバーガーのお店!!どうしてもその大きさを確かめたかったのです(詳しくはこちら

私はバーガーを注文。
大きさを伝えようと自撮り。

しかし・・・

伝わるようで伝わりません。

そこで、越村Dに撮ってもらいました。

どうですか!
お皿が小さいのではなく、バーガーが大きいのです。
私はチーズバーガーを頂きました。

一方、玄人の越村Dは…

圧倒的な存在感のスラッピージョーという看板商品!「一度は食べなければ」と注文していました。

チーズがこれでもか!というくらいかかっていました。

しっかり、じっくり時間をかけて、おいしく頂きました。

お味はというと、満足感ある牛肉のパティと絶品チーズ、軽やかなバンズとがよくまとまっていて、とっても美味しかったです。ナイフとフォークで食べるので手が汚れないのも嬉しいところ。最高でした。

食後はそのまま打合せ。
この3週間の滞在の裏側。放送やWEB記事にはなっていない部分も共有してもらいました。普段の行ったり来たりの撮影とは違い、連続してその地域にいるからこその体験がたくさんあったようです。滞在することで初めて見えてくることってやっぱりたくさんあるんですね。

てっぺんの行き止まり

越村Dとわかれ、稚内駅へ。実はわたくし、終着駅という響き、とっても好きなんです。はじめて意識したのは、初任地・長崎時代。長崎駅も終着駅のひとつで、関東に暮らしていた時代「どこまでも続く」イメージしかなかった鉄道にも「行き止まり」があるということを、長崎暮らしで実感しました。もちろん関東にも始発駅があるので、終着駅があるといえばあるのですが、この先は鉄道では行けないという感覚が新鮮だったのだと思います。

駅の前には、TEPPEN RIDEの自転車スタンドも。観光案内にも記されている「てっぺん」という言葉へのプライドを感じることができました。

いよいよ明日からアドベンチャーに!

翌日に向けあれこれ情報を整理したり、22日(木)のほっとニュース北海道での中継のイメージを共有したりしながら宗谷の風を感じた初日。いよいよ18日、月曜日からアドベンチャーが始まります。宣言通り、私たちは猿払村へ。ローカルフレンズ尾崎さんの情報をもとに猿払の釣り名人のもとへ向かいます。

そうそう。
書き忘れていましたが、稚内到着後、すぐに購入したものがあります。
それは・・・

長靴。内側の色が可愛いですよね。さて、いったいどんな出会い、発見が待っているのでしょうか。お楽しみに!!

これまでの宗谷のアドベンチャーの記事はこちら

2021年4月19日

関連情報

ほっと通信(105)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年4月10日(金)午後4時11分 更新

ほっとニュース通信(53)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年3月25日(月)午後2時15分 更新

#ローカルフレンズ (15)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年6月30日(火)午後3時35分 更新

上に戻る