NHK札幌放送局

#ローカルフレンズ(22)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年7月27日(月)午後4時02分 更新

#ローカルフレンズ出会い旅 vol.3 知床エリア編(タイトル未定)を8月11日(火)午後10時45分から25分番組として放送予定です。その前に、前編・後編にわけてきょうとあすのほっとニュース北海道で放送します。前編はピエさんこと、三浦隆浩さんプロデュースの「一日で楽しむ知床満喫旅」。放送前にブログではその様子を、写真でお届けします。

午前9時頃。
知床五湖フィールドハウスでヒグマに関する注意を確認。
7月末まではヒグマの活動期で、ガイドさん同行でなければ森に入ることはできません。

ピエさんとまず、知床五湖周辺の森へ。

そもそもピエさんとは。
詳しくは #ローカルフレンズ(12)にも書いてありますが、冬は北見市、夏は斜里町という二拠点生活をしています。実は家具職人としても働いていた時期もあり、木々への愛情が深い方です。

この日は快晴。
どこからも知床連山の姿を望むことができました。

木漏れ日を浴び、土や木々のにおいに包まれ、足跡や木に登った痕跡などヒグマの気配も感じながら3時間、散策しました。

午後は海へ。

スケジュールくらいしか知らない私に対して、企みの笑顔を見せるピエさんとカワバタD。私はこの時、これから何を見せてもらえるのかドキドキ半分ワクワク半分でしたが、予想も期待も大きく超え、終わった後には超絶ハッピーな気分になっていました。あとあと見ると、この時のこの笑顔の意味がよく分かりました。

小型船をチャーター。

ヒグマ対策をしなくてもいい海の上では、ピエさんがより生き生きして見えました。

「森ではヒグマに会わないように、海からはヒグマを探して」と話しながら進んで見つけたヒグマの親子。

さらに、

オジロワシや、写真は撮り損ねましたがイルカまで。

森と山と海。
それらが近接していることから育まれる豊かで多様な生態系が魅力の知床半島。どちらかだけではなく、海と森から満喫させてもらうことでようやく全体像をつかめた気がしました。

そして、夜。

地域の漁師さんやガイド仲間が集う、ピエさんのカフェ&バーにも潜入。
斜里生まれ斜里育ちで知床が当たり前の漁師のリョウさんと、大学時代にヒグマの生態を研究し、卒業後は斜里のホテルで働きながらネイチャーガイドとしても働く村上さん(クマ活という活動の隊長でもありますがその話はまたいずれ)、ホンモノの旅行者のユウタくんとディープな会話に・・・。はじめましての会でしたが、知床愛でつながった夜でした。

生き方そのものをあらわすかのような森を行くピエさんの背中。かっこいいですね。一日に知床の魅力を詰め込んだピエさんと行く、知床ピエ散歩。これを見れば皆さんもピエさんと一緒に森を歩きたくなるはず!?今夜のほっとニュース北海道でその様子を一部ご紹介します。お楽しみに。

つづく

#ローカルフレンズ出会い旅まとめページはこちら

関連情報

#ローカルフレンズ(10)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年5月25日(月)午後4時23分 更新

ほっと通信(57)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年4月22日(月)午後4時25分 更新

ほっとニュース通信(11)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2018年6月6日(水)午後6時30分 更新

上に戻る