NHK札幌放送局

#ローカルフレンズ(31)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年9月14日(月)午後5時48分 更新

最近自撮りがうまくなってきたなと感じている37歳です 笑 さて、前回のブログで #ローカルフレンズ出会い旅 #新時代がはじまった件 について【ほっとニュース北海道と試写が重なり、結局一度も事前に見ることがかなわないまま今に至っています】と書きましたが、それが影響したのかしていないのか…真偽は定かではありませんが、“スポット的なナレーション”担当を仰せつかり、声を入れしてきました。

衝撃のファーストカット

初公開!!!!
番組は意外なシーンからスタートします。
ナレーションブースに入って驚きました。
でも、確かに、これしかない…!!
いいです。
凄くいいです。

番組冒頭のVTRを私たちは“アバン”や“キャッチ”と呼んでいます。
広報アオヤマの試写潜入記事にありましたが、新加入のオノPが「冒頭5分でもっと引き込まないと!!!」とパッションを注入。それに、オオスミDや編集タカシマさんらが熱く反応した形跡が“キャッチV”には確かにあります。必見です。


1枚、約0.98分!?

全45分のこの番組。
ナレーション原稿も分厚く、なんと46ページにものぼります。

創刊準備号の #道東は世界一な件 から、私が同時並行で取材していたドット道東「.doto」創刊に向けてという特集企画(詳しくはこちら)をはじめ、 #オンラインで旅した件 #函館は秘密基地だった件 の映像がふんだんに盛り込まれています。ページ数の厚みと同時に、昨年末の会議から数えてこの9か月あまりの軌跡に思いをはせ、さらなる拡張を心に誓いました。

なお、私が担当したのは、番組冒頭のキャッチVと、スタジオ部分の4か所。全体のほんの一部です。ページ数にすると6ページ程度。残り40ページ分は、初回からナレーションを担当してくれている佐々木 愛英さんが吹き込みます。函館編のナレーションを担当した際に、どんな思いでナレーションを担当しているのかをブログにまとめてくれています。近く、45分版のナレーションを担当しての思いも公開されると思いますのでお楽しみに。


チャレンジって面白いよね

#ローカルフレンズ出会い旅 に関わる人、みんなから感じる「チャレンジって面白いよね」という雰囲気。もの凄くステキなことです。様々なコンテンツが世の中にあふれ、「テレビを見ない」「もっていない」という人が増える中、テレビの持つ可能性を信じる仲間がここにはいます。しかも既存の考え方に捉われることなく「やってみよう」とトライ&エラーの精神が渦巻くこの現場は刺激的です。
そこに、「地域を紹介したい!」と溢れるバイブスを片手にNHKに旅のプランを応募してくれたローカルフレンズのみなさんが本気で向き合った番組は、言葉では言い表しきれない未来があると感じています。私たちが普段の取材ではなかなか迫り切れない、地域の人の関係性が見えるからです。誰もひとりでは頑張り続けられない・・・。言葉にするとその一言につきますが、同じ方角を見て走っている仲間とのつながりはやはり重要だと、旅をすればするほど感じています。この番組が、仲間とのつながりを確認したり、仲間を探すきっかけになったりしたら嬉しいと思っています。誰かだけがスペシャルではない。みんながプレーヤーとして地域で闘うために、ワザを持っている人が見えるようになるのが大切なことだと思っています。

一方で、テレビ番組は視聴してもらって、つまり見る人がいて初めて価値が生まれるもの。そういった意味で、初めてゴールデンタイムで放送する45分版 #新時代がはじまった件 (18日 金 夜7時57分~)が少しでも多くの人の目に留まることを願っています。


10月の伊達編ロケもスタート

10月17日放送予定の最新作、伊達編のロケもスタートしました。チャレンジャーが多く、世代の違う人たちがつながる場があったり、「面白いね」と考えを応援してくれる人たちがいたりと、何かが動き出す直前の期待に満ちた空気が街にはありました。

伊達編のフレンズはまさにチャレンジャー。
お寺でDJを披露する僧侶が伊達市をを紹介します。
写真は今月6日に有珠山紋鼈寺の境内で行われた「ミュージック寺ス」。ステージ上の左が #オンラインで旅してみた件 にも登場した中標津のローカルフレンズ しおさん。そして右側の袈裟をしてDJをするのがこのお寺の僧侶、私たちはネオ僧侶と呼んでいる伊達のローカルフレンズおっくんです。このイベントの様子は #新時代がはじまった件 にも少しだけ登場します。確かにこの絵面はいろんな意味で新時代です…。
ちなみに。この二人がリアル対面したのはこの前夜。知り合ったきっかけはローカルフレンズ出会い旅。なんだか嬉しいなぁ。

会場ではこんな素敵な出会いも。
右側に写るのは栗原竜太郎さん。実はこの前週にも白老町のトビウでお会いしていました。2週連続の出会いを喜びつつ、実は3週連続お会いすることに。詳しくは伊達編でお届けできるかと。
そして真ん中に映っているのは喜茂別町で活動する加藤朝彦さん。はじめましてでした。地域おこし協力隊を経て、喜茂別町で事業を興しました。喜茂別町を文化や経済の交流地点とするという熱い思いを聞いて、ワクワクしました。喜茂別にも行きたいな~。加藤さん、ご応募お待ちしています!

#ローカルフレンズ出会い旅 まとめページはこちら

(2020年9月14日)



関連情報

ほっと通信(65)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年7月1日(月)午後5時30分 更新

ほっと通信(58)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年4月26日(金)午後5時21分 更新

ほっと通信(96)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年3月3日(火)午前11時52分 更新

上に戻る