NHK札幌放送局

「喜茂別町」といえば?!

瀬田 宙大

2021年4月30日(金)午後2時13分 更新

あすから5月。宗谷編に続く「ローカルフレンズ滞在記」第2弾の滞在地は喜茂別町。ローカルフレンズ加藤朝彦さんの視点で地域を見つめます。シリーズが始まる前に、どんな地域なのか、どさんこキャスターの菅野愛さん、石川晴香さん、坂井里紗さん、気象予報士の浜崎慎二さんに聞いてみました!

左から札幌市出身の坂井さん、岩見沢市出身の石川さん、室蘭市出身の浜崎さん、釧路市生まれで道内各地で暮らした経験をもつ菅野さん。この4人に順番に聞いてみました。

「カタチ」はわかります

菅野キャスターに喜茂別の印象を尋ねると、開口一番こんな答えが。

わたし、白地図パズルできます!

「北海道白地図パズル」というのはNHK北海道が年4回、全道179市町村のみなさんに参加してもらいながら地域を見つめる超特大プロジェクト番組「北海道スタジアム」の関連コンテンツで、なかでも白地図パズルには「誰ができるんだ!!!」「やるのが嫌になりました」という声が寄せられる鬼ムズゲームです。自治体の境界線がない北海道の形に、各自治体のピースを並べていくというものなんですが、気象情報で地図をよく見ている浜崎さんもお手上げとか。そうした中、菅野さんは…

悔しくてずっとやっていたらできるようになりました!

そうなんです。菅野キャスターはそういうコツコツ仕事を積み上げるタイプの人なんです。

だから、喜茂別町のカタチがわかります!

スゴイ!
でも、ちょっと待って。私は気がつきました。聞きたいことと答えがズレていっていることを・・・。そこで、喜茂別町の特徴は?と尋ねると空気が変わります・・・。

むむむむむ・・・。

するとお隣から「助け船」が!

野菜が美味しく冷え込みが強い町ですよね!

コロナ禍もありいまは控えていますが、実は浜崎さん、全道の道の駅巡りを趣味にしています。喜茂別情報も次々に出てきました。

アスパラが有名!野菜が美味しい!

望羊中山!道の駅は喜茂別の入り口!

里の駅は野菜を見るのに最高!

気象予報士的には冷え込みも特徴!マイナス30度になることも!

なるほど!確かに、私も道の駅、あげいものイメージは強くあります!

次々と情報が集まる中、❝不安げなふたり❞がヒソヒソ話を始めます。

坂井(札幌出身)
喜茂別のイメージ…。あっ、友達の出身地!

石川(岩見沢出身)
私は喜茂別出身の友達はいなかったな。岩見沢からはちょっと遠い印象もあって。

坂井
あとは、野菜が美味しくて、冷え込む町で、道の駅が…

瀬田
浜ちゃんの情報じゃん 笑

坂井
でっかい恐竜のあるところだっけ?

石川
きのこ汁のとこ?

坂井
喜茂別って車ではよく通るよね。

石川
私も家族旅行で通ったことはある!札幌からは近い印象だよね。

坂井
札幌のお隣だもんね、喜茂別。うーん、反省だ…近いのにこんなに知らないなんて…。

石川
これを機会にちゃんと知りたいね!…です。それがいまの喜茂別のイメージです!!

どさんこキャスターのみなさんありがとうございました!みなさんに聞いたのは、私自身も明確なイメージを持てていなかったから・・・。この4年を振り返っても、羊蹄山麓や洞爺湖、函館などに行く際に通る町という印象が強く、みなさん同様に「知らない」という事実にぶち当たりました。でも、それはなぜなのか。今回みなさんとお話をして、わかった気がします。

比較の結果、見落としたり、見過ごしたりが発生!

言い訳ではなく、「知らない現象」は各地で起きているように感じています。特に、大都市に近い地域(いわゆる郊外)ほど「あんまりイメージをもっていない」と感じています。仮に情報があったとしても、いわゆる観光情報に限られるといいますか・・・。それが悪いということではありませんが、景色や店舗の情報だけでは、そこに暮らす人にまではなかなか想像力が膨らみません。結果、他の地域との比較になってしまい、その優劣で、見落としてしまったり、見過ごしてしまったりするのではないかなということを、ローカルフレンズプロジェクトを通して感じています。

4月の宗谷編での会話が思い出されます。「知られていない」「情報がない」ということは価値があると稚内市のローカルフレンズ尾崎篤志さん(inakaworks代表 原田啓介(出会い旅のロゴもデザイン)撮影/写真左)は語り、私たちにたくさんの人を紹介してくれました。取り組みや成果の後追いではなく、そこに生きる人から地域に入ることで、こんなにもそのエリアを身近に感じることができるのかという思いを強くしました。特にコロナ禍において、人との関わりほど心に残るものはありません。もっともっと地域の人の姿を見える化していきたいという思いを強くしました。なぜならあたたかく、優しくなれるから。
≪宗谷編の記事は宗谷のアドベンチャーに12本掲載されています≫

人と自然がきらめく町

喜茂別町のシンボルテーマをホームページで見つけました。人と自然がきらめく町。素敵じゃないですか!双方がきらめき、マチが輝く。そんな目標を掲げる地域でどんな出会いがあるのか、ものすごく楽しみになりました。

ここに記した内容をローカルフレンズの加藤朝彦さんに伝えたところ、こんな答えが返ってきました。

みなさんがもつイメージはまさにその通りだと思います。喜茂別は交通量が多い割になかなか認知もされず、“通過されがち”な町です。でも、最新の喜茂別はちょっと違います。面白い方たちも少しずつ移住してきてますし、実は面白い“宝”が眠っているんじゃないかと思うんです。今回、大隈さんや瀬田さん、NHKのみなさんにご協力いいただきながら、まだ見つけられていない喜茂別の魅力を地域の方たちと一緒に見つけていきたいと思っています。

探しますよ!見つけますよ!多くの皆さんと共有しましょう!!ちなみに、滞在を始める大隅Dから散発的に聞こえてきた情報は「とりあえず自転車を買います」「加藤さんがすでにいろいろ仕掛けてくれているので面白くなります」「エリアというよりはどっぷり喜茂別で勝負します」ということ。気になります。新しい喜茂別の姿を見つけ、皆さんと共有するローカルフレンズ滞在記第2弾、喜茂別町編は5月6日(木)のほっとニュース北海道から毎週木曜日、4回シリーズで放送です。WEB情報も含めて、地域のリアルをお伝えしていきますので、ぜひご期待ください!

ローカルフレンズ滞在記まとめページはこちら

2021年4月30日

関連情報

ほっとニュース「成人の日」関連まとめ!

瀬田 宙大

2021年1月8日(金)午後1時28分 更新

速報!道道×フレンズ全国放送決定

瀬田 宙大

2021年2月12日(金)午前10時05分 更新

ほっと通信(90)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2020年1月31日(金)午後2時39分 更新

上に戻る