NHK札幌放送局

おむすびでもっとお米を!

芳川 隆一

2021年11月12日(金)午後4時14分 更新

前回のブログでもご紹介した、ライスボールプレイヤーの川原悟(かわはら・さとる)さん。年々、米の消費量が低下する中で「もっとみんなにお米を食べて欲しい!」と、おむすびを通じてお米の美味しさを広く発信しています。10月下旬に「北海道まるごとラジオ」に出演して頂いた時に聞いた話があまりにも興味深かったので、今回テレビでも取材させて頂きました~!

ライスボールプレイヤーって何?

ライスボールプレイヤー・川原悟さんは、北海道の特産品を使った飲食品のプロデュースや海外への輸出など様々な仕事を通じて、お米の魅力を広く世界に発信しています。私が取材にお邪魔した日は自身が経営する札幌市内の料理店にいらっしゃいました。ここでさっそく披露してくれたのが、伝家の宝刀・高速おむすび握り!1個あたりなんとわずか10秒できれいなおむすびができあがります。まさにライスボールプレイヤーの真骨頂です。

もともとお米の販売店で働いていたことからお米への知識や興味を高めたという川原さん。その後始めたおむすび専門店が大人気となり、お客さんを待たせないために高速で握っていたことからこの技を習得したとか。
新型コロナの感染拡大前は、アメリカやロシア、東南アジア各国で開催される、日本の食文化を広めるためのイベントや日本語を学ぶ大学の授業などに招かれて、おむすび作りの実演を通じて日本のお米の美味しさを外国人にも伝えてきました。1か月に3~4か国を訪問することもあったそうで、まさに世界を股にかけて日本のお米の魅力を発信していました。

最近では、自分が出演するショートムービーを制作してインターネットで公開しました。「都会での仕事に疲れた主人公の女性が故郷の北海道に戻り、大好きだった祖母の味を知る川原さんに出会うことで、食の大切さを再認識する」というストーリー。川原さんは“本人役”で出演し、ここでもお米を含めた和食の大切さを伝えているんです。

(ショートムービー「結ひ」より)

北海道の特産品を使った新しいおむすび

そんな川原さんが、今、新たに始めている挑戦があります。北海道の海の幸や山の幸など様々な特産品を具材にした、新しいオリジナルおむすびの開発です。例えば安平町のスイートコーンを混ぜたこんなおむすびや…

伊達市のほたてが丸ごとのった、こんなおむすびなど。

胆振管内の市町村の特産品を使った11種類のおむすび、今年1月に発表した、その名も「いぶりイレブン」です。

開発の理由について、川原さんはこう話します。

川原悟さん
「北海道にはいろんな食材があります。それらをうまく掛け合わせることで、より相乗効果の得られる、北海道らしいおむすびができるのではないかと思ったんです」

北海道らしいおむすびを考案することで、もっと多くの人たちに、北海道のお米と特産品の両方を食べてもらい、消費拡大につなげたいという狙いなんです。

ブロッコリーおむすび

今月、川原さんは新たなおむすびに使う具材を見つけるため、道内有数のブロッコリー産地、石狩市を訪れました。生産者の成田和彦さんから「昼夜の寒暖差で石狩のブロッコリーには甘味がのっています」と教えられ、川原さんも興味深々です。

店に戻って、さっそく調理に取り掛かります。まずは石狩のブロッコリーを茹でてから、小指の爪ぐらいの大きさにほぐします。

合わせるのは、同じく石狩市の特産品「望来豚(もうらいとん)」のひき肉です。バターやたれなどで味付けをしました。ここにブロッコリーを入れて混ぜ合わせます。

完成したら、白いご飯と混ぜてから握ります。こうして完成したのが、ブロッコリー+望来豚で、その名も「Bro.豚(ぶろっとん)」!試食した川原さんも、思わず「うまいっ!」と一言。ブロッコリーのしゃきしゃき感を残し、豚肉との相性も最高だそうです。

お米の魅力を伝えるために、どうしておむすびなのか。その理由について、最後に川原さんはこう話してくれました。

川原悟さん
「誰もが簡単に作れるものだし、お米と食材が一番引き立つ食べ方だと思います。それでいて、お母さんが子どもに作ってあげるような、家族の絆を感じられる食べ物でもあると思うんです。おむすびを通じて、お米の美味しさと、日本の大切な食文化を残していきたいです」

(後記)
農林水産省が去年(令和2年)発表した「5年前と比べてお米の消費量がどうなったか?」という問いに対する答えを示したデータがあります。「変わらない」と答えた人の割合が最も多かった一方で、「減った」と答えた人の割合は「増えた」と答えた人の割合の2倍という結果でした。新型コロナに関係なく、昔に比べると日本人はだんだんとお米を食べなくなってきているんですね。もちろんパンも麺も美味しいですし、糖質制限ダイエット等の目的で白米を制限している人もいらっしゃるでしょう。でも、今回川原さんの取材を通じて、やっぱりお米は美味しい!と再認識しました。新米が美味しい季節、みなさんはお米、食べていますか?

NHK札幌放送局アナウンサー 芳川隆一
2021年11月12日

こんな取材もしています!


関連情報

もっと気軽におしゃれを

芳川 隆一

2021年4月7日(水)午後1時01分 更新

稚内取材後記【芳川隆一】

芳川 隆一

2020年8月26日(水)午後4時06分 更新

札幌に登場“無人ホテル”とは?!【芳川隆一】

芳川 隆一

2020年1月29日(水)午後5時01分 更新

上に戻る