NHK札幌放送局

「オケクラフト」愛用しています【芳川隆一】

芳川 隆一

2019年11月13日(水)午後5時39分 更新

アナウンサーの芳川隆一です。
11月15日(金)午後7時30分から放送の北海道中ひざくりげ、今回は置戸町が舞台です。置戸といえば有名なのが木工細工。そうです、「オケクラフト」ですね。 

今回の旅で出会ったのが写真の佐々木寛之さんとひとみさん夫婦。
町内でカフェを併設した工房を営んでいて、ずらりと並んでいるのはどれも寛之さんが作った作品ばかり。

寛之さんが得意なのがシラカバを使った作品作りです。シラカバは皮がささくれやすく、余分な皮をピンセットで取り除くという根気強い作業が求められますが、寛之さんはそんな作業が「嫌いではない」そうです。

どうです!?シラカバの木肌の風合いは残しつつ、表面はつるつる、とてもなめらかなんですよ。

置戸町では、「オケクラフト」職人を育てるための養成塾を運営していて、寛之さんもそこの卒業生の1人です。今回、私が驚いたのは、別の仕事を辞めて職人になるために塾に入る人が多いこと。研修期間は2年で、道具や材料は無料で使えますが給料はありません。そして研修が終わったら5年以内に工房を構えて独立もしなくてはならないんです。競争もあって厳しい世界。そこに飛び込み、思いが詰まった作品作りに挑む塾生の皆さんの姿を番組ではお伝えします。

そんな養成塾の卒業生が作った、思いがこもった作品。私も1つ購入しました。

カッティングボードです。そのままプレートとしても使えます。
いち「オケクラフト」ファンとして、これからも愛用します!!


(2019年11月13日)


11月15日(金)北海道中ひざくりげ
「木工職人 夢を削り出す~置戸町~」

関連情報

今度の「北海道中ひざくりげ」は登別!【芳川隆一】

芳川 隆一

2019年9月17日(火)午後3時16分 更新

稚内取材後記【芳川隆一】

芳川 隆一

2020年8月26日(水)午後4時06分 更新

ABU総会に行ってきました【芳川隆一】

芳川 隆一

2019年11月22日(金)午後3時48分 更新

上に戻る