NHK札幌放送局

北海道から北京へエール!

小山 凌

2022年2月9日(水)午後3時47分 更新

いよいよ開幕した北京オリンピック。 NHK札幌放送局では、2月5日にジャンプ女子のパブリックビューイングを行いました。 

山田いずみさんの“ジャンプの見方”

パブリックビューイングのスペシャルゲストは、長年女子ジャンプ界をけん引してきたこの方。

札幌市出身で、現役時代は国内外で活躍され、現役引退後も全日本のコーチや髙梨沙羅選手の個人コーチを務めた山田いずみさんにお越しいただきました。

競技開始前には、ジャンプの見方や、採点方法などについて伺いました。
ジャンプをより楽しく見るためのポイントとして、実演を交えて教えてくださったのが。

ジャンプの着地後にとるテレマーク姿勢です。
飛行姿勢や着地などに与えられる飛型点で重要になるこの姿勢。

トップ選手たちは、飛んだ距離に応じて与えられる飛距離点が同じような点数で競る展開が予想される中で、特にテレマークをしっかり決められるかどうかが勝負のポイントになるとおっしゃっていました。

「両手を広げて、片方の膝を深くまげて、両足を前後に広げる。着地の瞬間、ぎりぎりまで飛距離を伸ばそうと飛行姿勢を保ちながらも、最後はしっかりとテレマーク姿勢をキープできるかどうかが大事になる」

テレマーク姿勢については、笠井アナのブログでも詳しくご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください!

※笠井アナブログ 
2022年1月5日(水)「勝負のカギは、あのポーズ」

ジャンパーを支えているもの

さらに、普段間近で見ることが出来ないこんなものも持ってきていただきました。

ジャンプ競技で使用するスキー板と、選手が着用するジャンプスーツです。

スキー板は山田さんが現役時代に使っていたもの。
そして、このジャンプスーツは。

以前に、山田さんがコーチとして指導をしていた髙梨沙羅選手が実際に着用していたものをお持ちいただきました。

「ジャンプで使用するスキー板、スーツは自分の体に合わせて作られている。その道具を使いこなす技術力も大事だが、自分の体重管理や、体形の維持など本当に気をつかうことが多い競技。選手によって道具への細かいこだわりなどがあるので、そのあたりも注目してもらえると嬉しいです」

今回は残念ながら日本選手のメダルの獲得はありませんでしたが、風の状況が目まぐるしく変わる中でもいいジャンプを見せる選手たちに会場の皆さんから温かい拍手が送られていました。

<ジャンプ女子NH 日本人選手の結果>
髙梨選手 4位
伊藤選手 13位
勢藤選手 14位
岩渕選手 18位

国内の現役最年長ジャンパーの取材もしています!
第二の故郷・北海道で目指す夢舞台~スキージャンプ女子・茂野美咲~

イベント担当も振り返っています
北京五輪女子ジャンプPⅤ 静かに熱く盛り上がる ~高梨選手のスーツ登場し規定の厳しさ解説も

2022年2月9日

関連情報

交流戦 ファイターズvsカープ 広島から生中継!!

小山 凌

2022年6月1日(水)午後4時15分 更新

NHK杯ジャンプ ジャンプ界の新星に注目!

小山 凌

2022年10月28日(金)午後6時40分 更新

見て 触れて 質問して楽しむプロ野球中継

小山 凌

2022年9月15日(木)午後7時28分 更新

上に戻る