NHK札幌放送局

くらしナビログ!「誰でも手軽に 今こそ花を」

佐々木 愛英

2021年3月9日(火)午後0時06分 更新

今回のくらしナビのテーマはお花。 卒業や異動で別れを惜しむことが増える3月、お花を贈ったり、もらったりすること増えますよね。ちょっと変わったお花の贈り方や、長持ちさせる方法をお伝えしました。

お花の贈り方といえば、花束が定番!ですが、最近はスワッグやリースにしてお花を贈る方も増えているそうです。
スワッグとは、壁などにかけて楽しむ植物の飾り。そのままドライフラワーになるんです。


意外と簡単に作れるということなので、挑戦してみました。
今回は、ミモザ(ギンヨウアカシア)(写真:左上)、スターチス(右上)、ウーリーブッシュ(左下)、ポポラスベリ―(右下)を選びました。
ドライフラワ―にするので、水分の少ない花や葉を選びます。ほかにもバラなども向いているそうです。

茎を切って長さをそろえ、好きなように束ねて、形が整ったらひもでしっかりしばって完成です。
植物の種類にもよりますが、半永久的に楽しめるそうです。なるべく衝撃を与えないようにしてください。
私も、作ったスワッグは家に飾っていますが、だんだんと乾燥して色味が変わってきました。お部屋が素敵になって大満足です。


次は生花をより長く楽しむ方法です。
ちょっとした手間で、およそ1か月もきれいな状態を保てるんです。なるべく涼しい場所に置き、花瓶の水は毎日替えます。


水の量は、花瓶の3分の1ほど。茎や枝が5センチも浸っていれば十分です。
浸っている部分が多いと、茎が腐る原因になります。


水を替えるたびに茎や枝を少しずつ切るのもポイントです。
そのとき、斜めに切ると表面積が広くなり新鮮な水を吸いやすくなり、花が長持ちします。


花が1輪でもあると、その場がぱっと華やぎますよね。
きれいな花をたくさん見て、春を先取りしたようで、気分が明るくなりました。
まだまだ気の抜けない状況が続きますが、花で癒しの空間を作ってみるといいかもしれません!

関連情報

くらしナビログ!(12)“継続は力なり”そのポイントは?【…

佐々木 愛英

2020年1月14日(火)午後2時05分 更新

くらしナビログ!(17)今年は特に要注意!?シラカバ花粉症…

佐々木 愛英

2020年4月21日(火)午後4時25分 更新

くらしナビログ!(19)増える外出 注意のポイントは【佐々…

佐々木 愛英

2020年6月30日(火)午後3時07分 更新

上に戻る