NHK札幌放送局

くらしナビログ!「バチッ!静電気対策 ポイントは」

佐々木 愛英

2021年2月16日(火)午前10時54分 更新

今回は、冬に悩ましい静電気について。バチバチする方いませんか? 静電気のバチッを減らすためにはどうしたらいいのか。

お話を伺ったのは、札幌市青少年科学館の手島駿さん。通称、ぱおーんてしま!
子どもたちにわかりやすく、科学について教えています。

静電気のしくみについて

人が動くと、肌や服がこすれます。すると、静電気が発生。
静電気が体にたまった状態で金属にふれると一気に放電されて、バチッとするんです。

バチッとを抑えるポイントは、水分と摩擦です。

まず、水分について

静電気は水分と結びつくことで体から放電されます。
そのため、空気が乾燥している冬は、体に静電気がたまりやすくなるのだとか。

加湿器をつけて、25度前後の気温で50パーセント以上の湿度を保てば、バチッとくるのを抑えられます。

新型コロナウイルスの影響で、すっかり習慣になったこまめな手洗いも、有効です。水を通して体から放電されています。

手を洗った後は、ハンドクリームでしっかり保湿しておきましょう。
とにかく空気もお肌も乾燥が大敵です!

次は、摩擦

冬は重ね着するため、どうしても服どうしがこすれあって静電気が発生しやすくなります。

そこで、工夫したいのが、素材の組み合わせ。

服の素材を並べた表です。真ん中から端にいくほど静電気が発生しやすく、また、離れている素材を組み合わせるとより大きな静電気が生まれます。
近い素材を組み合わせて重ね着すると、バチッとくるのを抑えることができます。

完全に静電気をなくすということは不可能ですが、日ごろの工夫で静電気を最小限に抑えることは可能です。

金属のドアノブに触る前に、壁や地面などに触ると、放電されてバチッとくるのを避けることができます。

乾燥も重ね着も避けては通れない冬の北海道。静電気の発生をなるべく抑え、かつ、うまく放電するコツも覚えて、上手に静電気と付き合っていきたいですね。

2021年2月16日

関連情報

くらしナビログ!(13)冬も車のケアで安心・お得!【佐々木…

佐々木 愛英

2020年2月3日(月)午後2時02分 更新

くらしナビログ!(20)腸を元気に 夏を乗り切る!【佐々木…

佐々木 愛英

2020年7月20日(月)午後5時44分 更新

くらしナビログ!(16)お手軽・時短!始めようお弁当作り【…

佐々木 愛英

2020年3月30日(月)午後5時09分 更新

上に戻る