NHK札幌放送局

おじゃまします「陸別町」

神門 光太朗

2022年5月25日(水)午後4時05分 更新

神門光太朗の32市町村すべておじゃまします」 今回は陸別町におじゃましました。

きょう(25日)放送の『釧路根室十勝のすべて』は、5月25日(水)午後7時から6月1日(水)午後7時まで、らじる★らじる聴き逃し配信をします。

帯広市のラジオネーム カズピロさんからの「りくべつ鉄道にボランティアスタッフとして携わっています。是非来てください!」というメッセージを受けて、りくべつ鉄道の陸別駅を訪ねてみました。

すると、カズピロさんとともに陸別町商工会の杉本武勝さんがいらっしゃる。
「あら~、お久しぶりです」
実は杉本さんには、去年2月の「陸別の寒さ」をテーマにした取材でもお世話になっていたのです→こちら

さて本題。今回の取材テーマは寒さではなく鉄道です。

かつて陸別町には、国鉄池北(ちほく)線を引き継いだ第3セクター「ふるさと銀河線」が走っていました。
2006年に廃止されたあとは、観光施設として、陸別駅とその周辺の線路、それに気動車6両を残すことが決まりました。

2008年からは「りくべつ鉄道」という名で、列車の運転体験や乗車体験、トロッコ乗車体験などを陸別町商工会が運営しています。

カズピロさんは鉄道マンに見えますが、本業は建設業。
週末を中心に「りくべつ鉄道」の活動にボランティアとして携わっています。

国鉄やJRのOBの皆さんもいます。
今回、私は、石黒史雄さんの手ほどきを受けて運転体験をすることになりました。
「よろしくお願いします!」

運転席に座ると、一気に緊張感が高まります。

石黒さんから「ブレーキをゆるめて、マスコンを1ノッチに」と声がかかります。

普段の私なら、「増子(ますこ)アナウンサーノッチさんのモノマネをするんですね。ノッチで~す! ゲラゲラゲラ」なんて冗談のひとつやふたつを言うところですが、この時ばかりはそんな余裕はございません。

だって、ブレーキをゆるめて、マスコンハンドル(アクセル)を回して1ノッチに入れれば車体が動きだすわけです。

今まで私が動かした乗り物で一番大きかったのは、全長5メートルのミニバン車。
この気動車は1両編成とはいえ、全長16メートル、重さ28トンもあります。
この車体がどう動くかは、私の両腕にかかっているわけです。

「うわうわうわ動きました」「あー」「も、も、もうブレーキかけたほうがいいんじゃないですか」「あ、あ、あ」

運転体験の様子は、聴き逃し配信でお聞きください。

【釧路根室十勝のすべて】はあなたからのメッセージをもとに番組をつくっていきます
ふつおた(ふつうのおたより)でも、番組の感想でも結構です。
釧路根室十勝32市町村のあそこに行ってほしい、ウチに来てほしい、アレを調べてきてくれ……など、あなたからのメッセージが来ないと、この番組は始まりません。投稿フォームからお送りくださいませ!

次回、6月は6(月)、7(火)、8(水) 午後5時05分から生放送の予定です。

関連情報

おじゃまします「浜中町」&プロレスだ!

神門 光太朗

2022年4月25日(月)午後5時36分 更新

NHKアナウンサー神門光太朗+液体=?

神門 光太朗

2022年10月20日(木)午後5時09分 更新

アドリブの話

神門 光太朗

2022年7月13日(水)午後6時44分 更新

上に戻る