NHK札幌放送局

「北の文芸館」アナウンサーたち準備真っ最中!

飯尾 夏帆

2023年10月26日(木)午前11時12分 更新

北海道ゆかりの文学作品を アナウンサーによる朗読でお楽しみいただく「北の文芸館」。 

📕朗読作品の紹介📕

私、飯尾夏帆は 森田たま 作「随筆ゆく道」より「時計臺」
大河内惇アナ  穂村弘  作「蚊がいる」より「ふわふわ人間」
小林孝司アナ  有島武郎 作「小さき者へ」  
野原梨沙アナ  氷室冴子 作「いっぱしの女」より「ブラキストン線」
福井慎二アナ  田中綾  作「あたたかき日光」
山下佳織アナ  柄刀一   作「猫の時間」より「ネコの時間」
を朗読します。(※50音順)

あすで公開収録まで3週間。準備も着々と進んでいます!

① 観覧募集の呼びかけ

まずは「番組紹介撮影」。
番組と番組の間に流れる30秒ほどのお知らせのことです。
山下佳織アナと撮影しましたよ~!

NHK北海道のインスタグラムでもPR!
野原梨沙アナは、なんとなんと、5パターンも撮影してくれました。
インスタグラムでは1つしか紹介できなかったので、別のカットを公開~!

撮影担当は、私の同期の園田遼斗アナウンサー
名カメラマン、ありがとう!!

さまざまな形で呼びかけてきましたが、
観覧募集はあす、10月27日(金)午後11時59分までです!
申し込みフォームはこちら↓↓↓
イベント詳細・申込(北の文芸館~朗読と音楽のライブセッション~)
まだ間に合いますので、ぜひご応募ください!

これまでも多数の応募をいただいています。皆さんありがとうございます。
抽選のうえ、当選された方には、入場整理券を11月2日(木)頃に発送する予定です。
楽しみに待っていてくださいね。

公開収録の様子は、ラジオでもお届けする予定です。

FM 2023年12月17日(日)午後4時00分~6時00分
※らじる★らじるでの聴き逃し配信(放送後1週間)があります。

② ひたすら朗読練習!

さてさて、皆さんに素敵なひとときを過ごしていただけるよう、朗読練習にも熱が入っています!
朗読歴20年以上の福井アナウンサーからのアドバイスは気づきがたくさん。

私は「朗読は自由だ」という言葉が心に残りました。

この場面、主人公はどんな気持ち?
筆者がどんなことを表現したかったのだろうか?などと想像力を膨らませる。
そして、自分が実現したい表現にむけて、「間」や「声色」などを自由に設計する。

朗読は、表現者としてやりがいがある奥深いものだなあ…楽しいなあ~と、本番が楽しみになりました。

本番までの3週間あまり、皆さまに楽しんでいただけるよう引き続き準備していきます!
会場でお会いできることを楽しみにしています!

関連情報

高齢者や障がい者もみんなで助かるためには?“避難計画づくり…

飯尾 夏帆

2023年9月5日(火)午後1時50分 更新

“生さだ”が新十津川町にやってきた!

飯尾 夏帆

2023年8月1日(火)午後0時09分 更新

1月8日は「さわやか自然百景“新春特集”」

飯尾 夏帆

2024年1月4日(木)午後3時00分 更新

上に戻る